HGUC MSZ-010A1 シータプラス 修正完了 + ヤフオク出品

HGUC版 MSZ-010A1 シータプラス お約束通り少しだけ塗装直しました。


遂に完成しました。

サムネの画像でどこが修正されたか分かりますかね?

完成の項目でも書きましたが、分かりづらい箇所ためぱっと見では一緒に見えるかと思います。(苦笑)

修正箇所は・・

・コックピントハッチ周りのダークグレー追加

・バックパック接続部の青紫部

となります。

ついでに合わせて、ビームサーベルをメタリックレッドで薄くグラデを入れています。

塗装修正箇所は以上です・・・ので、ホントにぱっと見はほぼ変わり映え無いですねぇ(笑)

一応完成版と言うことで写真を取り直しましたので、ご覧いただければ思います。

スポンサードリンク



まずはボックスアート風に

前回のモノと比べると・・・・

気にしてみればちょっとだけ変わったのが分かります。

それでは本体の4面をグルリと

今回はハイパー・メガ・カノン無しと有りのパターンを取ってみました。

お次はハイパー・メガ・カノン有りのパターンです。

ハイパー・メガ・カノンの大きさが分かりますね。

カトキ立ちにて

アップです。

最近はやりの?横顔です。

あおり気味にて

あおりアップです。

大きな違いは無いですが、少ししまった感じですかね?

最後に文字入れの画像を・・・ 

スポンサードリンク



お次はGフォートレス形態です。

少し多めに写真を撮ってみました。

センター部が青紫になったことで少しカラフルになったかな?

 前回脚部の上下を取り付け間違えていたので今回は設定画と同様に直しています。 

HGUC ZZのGフォートレス時の接続部はモビルスーツ時同様の股下についているので、どうしても脚部が開いてしまいます。

正面です。

前回よりだいぶフォーカスが合ってきていると思います(笑)

後ろ側です。

接続部を新造した方が良かったですね・・・

前回載せ忘れた裏側です。

スコープ部は差し替えで短くして取り付けています。

スポンサードリンク



それではポーズを決めて何点か

まずはハイパー・メガ・カノンを正面に構えて

・・・ZZ顔イケメンですよねぇ?

ハイパー・メガ・カノンは基本プラバンの箱組みで作っているのですが、それでもかなりの重量になってしまっています。

このような構え方をする日が来るのだろうか(笑)

前回も書きましたが、やはり股関節は今の軸可動がマストですね。

少しあおり目で

股関節部はボールジョイントに加えてサイドスカートが直付けのため、結構可動が制限されますね。

このポーズ結構好きです。

メインカメラ部はゴーグルですが、内部にツインアイがあるのでしょうか?

ハイパー・メガ・カノンを持つと写真のサイズ感が分かりづらくなってしまいます。


スポンサードリンク




ビームサーベルを装備して

ビームサーベルはZガンダム同様にサイドスカートに格納していると思っています。   そのため通常サイズのビームサーベルとしています。

薄くメタリックレッドにてグラデを入れていますが、写真だと分からないですね。

以上にてHGUC MSZ-010A1 シータプラス 完全版でした!!

さて、今回の HGUC MSZ-010A1 シータプラス もヤフオクに出品させて頂いております。

オークションは終了しております。

落札者様まことにありがとうございました。

今回にて完全に終了した HGUC MSZ-010A1 シータプラス です。

これからはムーンガンダム系はガズL・グラウに注力します。

9月発売のムーンガンダムまでには完成させたいなぁ・・・・

完成目指して頑張りますので、また記事を追っていただければ幸いです。

それでは・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク