RG 1/144 サザビー 胸部改造編

それでは前回に引き続き RG サザビー改造進めます!!

今回は胸部の改造を行っていきます。

スポンサードリンク



その1:胸部フィンの追加

頭部でも書きましたが、RG サザビー。

やはりの大人気 RG サザビー!!ワタシのレビュー記事もかなりバズっております。大体いつもの3倍くらいの閲覧...

今回はMG サザビー Ver.Ka に寄せる方向で改造を行っていきます。

RG版のサザビーは脇下にフィンが付いているのですが、胸部左右にはMGのようなフィンが付いていません。

(下側には付いているんですがね・・)

個人的にお気に入りのディティールなので、今回は新造していきます。

上の写真のようにフィンを追加してみました。

下のフィンに合わせて少しオーバー気味にしています。

今回はコトブキヤ モデリングサポートグッズ プラユニットP125 角モールド II の 「8」をセメントにて貼り付けています。

塗装時に下の写真の青枠内は内部フレーム色に塗装して、もう一段MGよりに近づけていきます。

スポンサードリンク



その2:スジ彫りの追加

コチラもMGに合わせて少しですが、スジ彫りを追加しています。

上の写真の箇所ですね。

使う道具はいつも通り0.3mmのBMCタガネにてガイドテープに沿ってスジ彫りを追加しています。

上の写真のよう追加しています。
スポンサードリンク



その3:メタルボール追加

胸部部中央左右に〇モールドが存在しています。

今回はコチラを1.0mmのメタルボールに置き換えています。

頭部同様に1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、1.0mmのメタルボールを埋め込むだけです。

現状ではメタルボールは接着していません。

塗装→トップコートをした後に樹脂製の接着剤にて接着します。

それまでは無くさないように注意して保管しておいてください。

スポンサードリンク



その4:腹部メガ粒子砲メタルパイプ置き換え

腹部メガ粒子砲センター部を2.0mmのメタルパイプに置き換えます。

ココは周りのイエロー及びレッドパーツをはめ込むピンも兼ねているため、最終的には接着する必要があります。

現状では差し込んでいるだけですがパーツごとに無くさないようにしっかりと保管しておいてください。

以上にて胸部の改造は完了です。

やはりと言いますか、改造箇所は少なめですね(汗)

これほどまでに良く出来たサザビーをワタシは知りません(笑)

ネットを見ていますと胸部と肩部の接続部がねじ切れることがあるそうですが、今のところワタシのキットはそのようなことは無いですね。

確かに可動させると少々ギチギチ音がなりますから注意して触ろうとは思いますが・・・

それではRG サザビーも頑張って改造進めていきます!!

なるべく早く進めるように頑張っていきますので今後もブログを見てやってくださいm(_ _)m

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク