HGBD 1/144 ガンダムダブルオースカイ 脚部改造編

今回で本体の改造は最後となります!!

HGBD 1/144 ガンダムダブルオースカイ 及び  ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)改造です。

スポンサードリンク



その1:腿部スジ彫り追加

腿部は前後でのはめ合わせのパーツとなっています。

少々スッキリしすぎな感じがするので、簡単にですがスジ彫りを追加していきます。

上の写真のように0.3mmのBMCタガネにてガイドテープに沿ってスジ彫りを追加しました。

スポンサードリンク



その2:スカイレガース形状変更

無〇シュートを発動させる(笑)

スカイレガースの形状を変更していきます!!

スカイブレイサーは曲面により構成されているのですが、個人的にこの形状はイマイチです・・・

ココはヤスリがけをしっかりとして面出しをしていきます!!

ペンサンダーにNo.400・・・No.240でも良いかもしれませんね。

のヤスリを取り付けて面を削り込んでいきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

3面をしっかりと削り込んで直線的なパーツに変更しました!!

さて、ここからさらにシャープ化を施していきます。

下の写真のようにプラバンをセメントで貼り付けます。

いつも通り大きめに付けていますよ(笑)

1日程度放置してセメントが硬化したらニッパーで大体の形状にカットします。

今回はかなり大型化させています。

その後、ペンサンダーにNo.400のヤスリを取り付けてシャープ化させていきます。

上の写真のようにツンツンになったらペンサンダーにNo.800のヤスリを付け替えてツルツルに磨けば作業完了です。

素組とは大きく変わりましたね。

スポンサードリンク



その3:くるぶし部フィン形状変更

その2と同じ感じですが・・・

コチラは縁が全体的に曲面になっています・・・

いわゆるダルい感じな造形ですね(苦笑)

コチラをしっかりと面出ししていきます。

少々形状も変えています。

合わせて先端部にプラバンを貼り付けてシャープ化していきます。

同じく大き(略)

1日程度放置してセメントが硬化したらニッパーで大体の形状にカットします。

その後、ペンサンダーにNo.400のヤスリを取り付けてシャープ化させていきます。

上の写真のようにツンツンになったらペンサンダーにNo.800のヤスリを付け替えてツルツルに磨けばOKです。

また写真のように〇モールドを追加しています。

〇モールドはコトブキヤ P114 丸モールド II の「3.5」を使用しています。

〇モールド追加部はパーティングラインが入っているので、ペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてしっかりと磨いてから付けましょう。
スポンサードリンク



その4:足裏部肉抜き穴埋め

ダブルオースカイの足裏部は大きな肉抜き穴があります。

HGですので、しょうがないですね・・・

コチラはエポキシパテにて埋めましょう。

その後、1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにてキレイに整えています。

No.400→No.800 の順でしっかりとヤスリがけしてください。

以上にて脚部の改造は完了です。

これにて本体の改造は完了です。

この状態で確認すると結構脚部がマッシブになっていますね。

この後、バックパックにて上半身のボリュームを増やせばイイ感じのバランスになりそうです。

そんな訳で次回バックパックと武器類の改造を行えば作業はすべて完了となります!!

少々武器の追加も含めて作業したいと思っていますので今しばらくお付き合いください。

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク