初心者向けガンプラ改造術 HGUC ガンダムAN-01 トリスタン 完成編 その2

それでは昨日に続き、HGUC ガンダム AN-01 トリスタン 完成写真をお披露目していきたいと思います。

ここまでは昨日と同じです・・・
スポンサードリンク




それでは新着ポーズで

・・・どうですかね? 作中イメージに近づけたでしょうか?

コチラはパースの関係で難しいですね(笑)

これからは適当なポーズで

ポーズを付けるときに肘や膝が曲がらないといったことがないのが良いですね!!

さすが、元マークⅡ(おいっ!!)

このくらいマッシブなほうが絵になると思ってますがどうでしょう?

ちょっと最近のモビルスーツっぽく・・・

ガンダムシード以降はこういったケレン味あるポーズが増えた気がします。
スポンサードリンク




結構アニメ的なポーズですが、それを再現できてしまうガンプラってスゲェ!!と素直に思えます。

ここからは苦手なビームサーベルを持たせたポーズです・・

肩関節も柔軟に動きますね。

うーん難しい・・・

両腕持ちも可能です。(ビームサーベルの長さから実際は片手ですけどね・・・)

忘れちゃいけない!!

90mm腕部ガトリング砲です!!

コイツを使う日は来るのでしょうか・・・
スポンサードリンク




以上でトリスタンの写真はすべてとなります。

なかなか良い感じに作成出来たと思います。

レビューでも書きましたが、トリスタン自体はアレックスを流用しているため作成には勇気のいるキットですが、今回は下地にマークⅡ(REVIVE)を使用したため最終的な仕上がりはかなり良くなったんじゃないかなぁと思います。

さすがREVIVEですね!!

可動・色分け・作りやすさすべて高レベルなものとなっております。

改造の関係で塗り分け部は増えたりしましたが、まぁ良い練習になったかな?(笑)

これまでこのブログを追っていただいた方まことにありがとうございます。

さっそくですが、次回はコイツのライバル機を作成していきたいと思います。

主人公機ですね!!

コイツもいろいろあって難儀なヤツですが、気長に追っていただければと思います。

また、今回もこのトリスタンをヤフオクに出品したいと思います。

お気に召していただけた方は入札お待ちしております。

オークションは終了しております。

落札者様まことにありがとうございました。

いつもつたない作品に入札していただいている皆様まことにありがとうございます。

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク