HGUC MS-08TX/S イフリート・シュナイド レビュー

それでは HGUC MS-08TX/S イフリート・シュナイド のレビューを行いたいと思います。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) .ep4 にて 旧型ながら活躍した イフリート・シュナイド が1/100(RE)に続き1/144でも立体化!!

まずは箱から

ep4時の1シーンを再現した箱絵です。

では本体です。

通常のイフリート(改)とは違いパープル主体の機体色です。

シールはモノアイ以外は使用していません。

全体をグルリと

ジオン系統のモビルスーツですが、胸部・腰部の作りなどは角張った連邦よりの作りです。

ポーズを付けて何枚か・・

まずはジャイアント・バズを持たせて

両手持ちはもちろん可能ですが、若干苦しいかな・・・って感じです。

ジャイアント・バズの照準器レンズ部はパーツをハメていません。一度ハメると取れなくなるので・・・

ヒート・ダートは高温状態(クリアパーツ)になったものが2本付きます。

クリアタイプ・通常タイプともに刃部と基部がパーツ分けされているのがお見事です。

REは1パーツだったのに、これはスゴイと思います!!

お次はヒート・ダートを構えて

     

イフリート・シュナイドにはコチラの方が似合いますね。

最新のHGUCと言うことで可動・色分け・作りやすさともに素晴らしい出来栄えです。

元々イケメンな機体ですが、アレンジ(Naokiアレンジ?)により選りスタイリッシュに仕上がっております。(若干丸みが足りない気もしますが・・・)

パーツ分割も素晴らしいです。

イフリート改用と言うことあるのかもしれませんが、色分けはほぼ完ぺきですし、各パーツが分解しやすいようにパーツの裏側から押し出して取れるようになっている箇所が有ったりと至れり尽くせりな作りです。

来月に発売の伸びた忍パルスと並べても似合いそうです(笑)

では部分ごとに見ていきます。

●頭部

モノアイが可動式なのがうれしいですね!!

そのうち可動式+HGUCバーザムのようなモールドが入った方式も夢ではないかも

●腕部

肩で上方向に90度 肘が100度程度でしょうか?

肘が思いのほか曲がりません。

ちょっと残念・・・

●腰部

胸とのつなぎ目 + 腰とのつなぎ目でしっかりスイングできます。

●脚部

股関節はうれしいMG仕様!!

ですがサイドアーマーの関係で160度くらいです。

まぁこれだけ開けば問題ないですね。

片膝立ちもバッチリです。

膝は180度近くまで曲がりますが、足首はデザインの関係で設置性があまりよろしくありません。

可動に関しては以上です。

ポーズをとった写真を見ていただければ、わかると思いますが可動に関しては問題なしです。

色分けも素晴らしいと思います。

購入するまでは肩とアンクルガードの白パーツはシールだろうと思っていたんですが、まさかの色分け対応!!

素晴らしいの一言です。

最後にランナーと説明書の紹介です。

ランナー数はHGとしては標準~やや多いくらいですかね?

REVIVE マークⅡに近い感じでした。

お値段1944円(税込)としては妥当な感じでしょうか?

さて、先日プレバンにてイフリート改の発売が決まりまいたが、本来逆なんじゃ・・・とも思います。

REでは実際逆でしたし・・・

1/100はシュナイドの方が売り上げ良かったんでしょうか?

それでは、HGUC版イフリート・シュナイドの改造もこれから行っていきたいと思います。

見た目・可動とも問題が無いのでディティールアップを行っていく方向ですかね?

RE(1/100)のイフリート・シュナイドの小型版を目指していきます。

そういう意味ではこの機体の改造はスジ彫りの練習にもってこいになると思います。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク