HG IBO 1/144 ガンダム アスタロトリナシメント レビュー

HGIBO ガンダムアスタロトリナシメント が発売されました。

鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 第2期 の主役機ですね。

さっそくレビューを行っていきたいと思います。

まずは箱から

鉄血で良く見られるアニメ調CG風の画像です。

主人公君(アルジ・ミラージ) 漫画と顔が結構違います(笑)

さっそくキット写真です。

今回はシールは一切使用しておりません。

4面をグルリと

武器が大物・小物と豊富についていますね。

・アスタロト専用ライフル

・デモリッション・ナイフ

・バスタード・チョッパー

・ショートナイフ

こんな感じです。

肩アーマーにそれぞれシールドアームとサブナックルが付いております。

ブンドドするにはうれしい感じです。

左右のサブアームが巨大な手になっているのが、面白いですね!!

これちょっとお気に入りです。

造形は微妙なのでディティールアップし甲斐がありそうな感じです(笑)

また、鉄血のモビルスーツはライフルを持った姿が似合わないですね・・・

カッコイイんですが、「そうじゃない!!」って感じがします。

それよりも大物武器が良く似合います。

ただし、デモリッション・ナイフ + バスタード・チョッパーの保持にはサブアームでも難しいですね。

写真を撮るのにもかなり苦労しました。

どうしてもすぐに肩が垂れ下がってきます。

説明書のようにはうまく保持できません(汗)

アスタロトリナシメントの形状は頭部含めてアンシンメトリーな面白いデザインになっています。

・・・よくパーツを奪われる機体ですね(笑)

可動に関しては安定のガンダムフレームですので、グリグリ動きます。

デザインの関係上、ところどころ干渉しそうな感じもしますがポーズをとる分には問題ありません。

可動域は

肩部は頭部と干渉するまで90度程度上がります。

肘部も同様に干渉するまで100~120度くらいまで曲がります。

首も何時もの通り大分あおり気味にできます。

肩の引き出しも十分に効果ありです。

片膝立ちも何の問題もありません。

鉄血シリーズお約束の股関節180度かつ足首90度曲げ!!

設置性もバッチリです(笑)

どうでしょう?

実は月鋼シリーズは初めて購入しましたが、なかなか良くできたキットだと思います。

鉄血のキットは少ないパーツで色分け・可動ともものすごくすぐれている良キットばかりなので安心して購入できると思います。

アスタロトリナシメントの作成も1時間半程度で終わると思います。

30分は武器の作成でした(笑)

本キットは付属武器が多いためか鉄血の中では若干金額高め(HGとしては普通)です。

ランナーに不要なパーツがものすごい残るため、そのせいだったら嫌だなぁとは思いますね・・

一点気になった点は個体差があるかもしれませんが、若干ポロリが多いことですね。

左肩・左もも外装部・腰後ろ部がやたらと外れてきました。

ここはちょっと残念です。

さて月鋼も第2機が始まりアスタロトは物語的には最後にアスタロトオリジンに戻るんですかね?

赤色は正直あんまり似合わない気もします。

この機体のまま最後まで行っちゃっても良いんじゃないかなぁとも思います。

特に色はリナシメントのほうが好みです。

キットもそうですが、白いパーツが結構灰色よりなんですよね。

コレが結構シックでカッコイイです。

・・・では、これからこのキットの改造に入りたいと思います。

方向性としては1/100 フルメカニクス風な作りを目指していこうと思っております。

(アスタロト 1/100出てないですけどね・・・ )

それ以外にも気になる点をちまちま弄っていきますので、記事を追ってくださればと思います。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク