HGUC MS-08TX/S イフリート・シュナイド 完成 ハイディティールアップ(RE 1/100風) その1

HGUC 1/144 MS-08TX/S イフリート・シュナイド  ハイディティールアップ(RE 1/100風)

遂に完成しました!!

今回はスジ彫りに多くの時間を費やしての作成となりました!!

細かい作業が多くて作業中イライラしたこともありますが、作成完了の今となっては良い思い出です(笑)

前置きはこの辺にしてさっそく完成品の紹介です。

※いつもより写真を大きめにしております。

もし見えない・時間がかかる等の問題がありましたらコメントいただければと思います。

全身をグルリと

スジ彫りがかなり追加されているため、デカールは抑えめにしております。

モノアイはVCドームを使用していますので、かなり光を拾ってくれています。

胸部上面のサブカメラ部にはオーロラフィルムを貼り付けていますのでVCドーム同様に光を拾ってくれていますが、写真の撮り方が下手なためあまり見えません・・・

うまく撮れたのは上の写真くらいですかね・・・

実物はもっと光っております。

それではポーズをつけて

ヒート・ダートを構えた姿は忍者っぽくとてもカッコイイと思います。

可動範囲も広いためポーズもバッチリ決まります。

アップです。

追加したスジ彫りが良く見えると思います。

苦労した甲斐があります(笑)

特に頭部のスジ彫りはキレイに決まっていると思います。

角度を変えて

ヒート・ダートをすべてシャープ化しております。

効果ありな感じです。

作業中はあんまり変わらないかな?と思ってましたが、写真で見るとかなり違ってきますね。

同じく忍者的なポーズで(笑)

肩が引き出し式なため腕を前に持ってくるポーズはお手の物です。

同じく全身です。

台座を使って・・・

イフリート・シュナイドは地上にいた方が似合いますね(笑)

浮かせても地上風のポーズが似合います。

レビューでも書きましたが、造形・可動ともに素晴らしいキットだと思います。

色分けに関しても腰・足・バックパックのオレンジ部、ヒート・ダートの基部の薄紫色部以外はマスキングは不要な素晴らしい出来です。

正直このくらいはこの値段ならしょうがないでしょう。

REより色分けが細かいのはホントに脱帽です。

REに関してはプレバンなのでしょうがないのかな?

HGUCのイフリート・シュナイドについては文句を言う箇所がほぼ無いといっても良いです。

あえて言うならヒート・ダートを作るのがすっげぇめんどくさいってことですが、これは機体の問題なのでしょうがないですね(笑)

文句なしにオススメなキットなので、初心者の方から上級者まで購入してガンプラの進化を確かめて見るのも面白いと思います。

さて、今回作成した HGUC 1/144 MS-08TX/S イフリート・シュナイド もヤフオクに出品いたしました。

もし、お気に召していただければ入札をお願いいたします。

オークションは終了し、発送まで完了しております。

落札者様まことにありがとうございました。

写真はこれで半分公開いたしました。

残りはジャイアント・バズを構えた姿とヒート・ダートを外した姿の写真を後日アップいたします。

なるべく早くアップしますので合わせてご覧いただければと思います。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク