HG IBO 1/144 ガンダム アスタロトリナシメント 右脚部改造 フルメカニクス(1/100)風

前回にて上半身の改造は完了しました。

残るは脚部のみとなります。

あと2回で今回の改造も終了となります。

もうしばらくお付き合いください。

その1:腿部 スプリングパーツ置き換え

鉄血のガンダムフレームにはいたるところにスプリングパイプ的なモールドが入っています。

ココをなるべく実際のスプリングに置き換えてやりたいと思います。

腿部のパーツもしっかりと置き換えていきます。

上の写真の右側が素組みの状態です。

左側はシモムラアレック 職人堅気 ハイパーカットソー0.1 PRO-R  AL-K03 にてスプリングパイプのモールド部をカットした状態になります。

写真の青〇部に安全対策が施されているため若干カットしにくいかもしれませんが、

ざっくりカットしてしまいましょう。

カットしたら、ペンサンダーにNo.400→800のヤスリを付けて順番にヤスリがけをしてキレイにします。

そこに1.0mmのピンバイスで穴を空け、同じく1.0mmの真鍮線を取り付けます。

下側は長めに取り付けた方が後々スプリングパイプの取り付けが楽です。

(上側は4mm程度・下側は6mm程度にカットしてください。どちらも2mm程度埋め込んでいます。)

真鍮線に外形2.5mmのスプリングパイプを2cmに切り取って取り付けます。

※スプリングパイプ及び真鍮線のカットにはかならず金属専用のニッパーを使用してください。

下の写真のようになれば作業完了です。

外装を付けると

こんな感じになります。

スプリングパイプは見た目にかなりの影響を及ぼします。

なるべく変更したほうが良いと思います。

その2:右脚部のディティールアップ

右脚部も、鉄血のHGシリーズの例にもれずモールドがかなり掘られています。

そのため足りないと思われる箇所のみに追加していきます。

上の写真の赤線青〇の箇所のみですね。

線を外すと

こんな感じです。

少量ですので、作業はすぐに終わると思います。

スジ彫りには毎度おなじみBMCタガネの0.3mmを使用しています。

・BMCタガネ 0.3mm

・スジボリ用ガイドテープ 3mm

青〇部はピンバイス1.0mmにて開口しています。

その3:ショートナイフのシャープ化

脚部に合わせて武器の改造も行っちゃいます!!

まずはショートナイフです。

安全対策のため先端がかなり丸まっています。

ですので、先端をペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて一旦平らにし、1.0mmのプラバンをセメントで貼り付けます。

その後、ナイフの刃先の形状に沿ってペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてプラバンを削ります。

形状がしっかりと出たらNo.400→800の順でヤスリがけをしてキレイになれば作業完了です。

その4:アスタロト用ライフルの合わせ目消し

ショートナイフと合わせてアスタロト用ライフルの改造も行います。

・・・といってもライフルは合わせ目を消すのみで良いでしょう。

HGシリーズの例にもれず、残念ながらライフルはモナカです・・・

ど真ん中に合わせ目が出てしまうので、セメントを下の写真の箇所にたっぷり塗って硬化後にペンサンダーにつけたNo.400→800の順でヤスリがけをしてキレイになれば作業完了です。

以上で右足の改造は完了となります。

今回の改造パーツをくっつけてみましょう。

完成まであと一歩のところまできました!!

次回は最後の左脚部にデモリッション・ナイフ + バスタード・チョッパーの改造を行って作業完了となります。

今回は途中で別のキットやらレビューやらを挟んだため若干遅めの作成となりました。

いつもご覧になってくれた皆様、時間をかけてしまって申し訳ありませんでした。

右脚部改造完了後はいつも通り塗装をして完成品をお披露目いたします。

今しばらくお付き合いください。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク