HGBF ういにんぐふみな レビュー

「見せてもらおうか!! バンダイのガンプラの進化とやらを!!」

そんな訳で皆様お待ちかねの「ういにんぐふみな」が発売されました。

お値段\2,592円(税込)となっております。

このシリーズ(ふみな・ギャン子・チナ)がHGの割に若干お高めなのは、やっぱりサイズのせいなんでしょうね・・・

まずはパッケージから


スポンサードリンク




それではキットをパッケージアート風に

アップです。

ガンダムビルドファイターズトライ 第10話にて来ていてた水着がモデルのようですね。

普段から露出度の高いフミナ先輩が珍しく水着になった良回です(笑)

アイランド・ウォーズですら水着になってないですからね・・・

それでは進化の過程を追ってみましょう!!

まずは「すーぱーふみな」と

・・・これは・・・・

進化の過程が顕著です。

当時はすごいと言われていた「すーぱーふみな」ですが、「ういにんぐふみな」と並べると・・ひどい!!

お次はGGG ガンダムビルドファイターズトライ ホシノフミナと「すーぱーふみな」をニコイチにて作成した改造品と

うーん、良い線いってるかな?

同じ方向を向いていないのでちょっと分かりづらいですね。

そんな訳で3体の顔のみを並べてみました。

一番右は置いといて(笑)

結構キレイなんじゃないでしょうか?

GGG の方がやさしい感じですね。

お次は「ういにんぐふみな」の元になったフィギュアライズバストと合わせて

確かに似ていますね。

FIGURE-RISEBUST ホシノ・フミナ ついに完成です!!正直「すぐに作れるだろ」と思って積んでいたのですが、作り出すと結構...

そういえば髪の毛のランナーもフィギュアライズバストを小型化したような作りでした。

ついでに、もう一つのフィギュアライズバストと一緒に


スポンサードリンク




顔は同じなんで当たり前ですが、なるほどよく似ています。

FIGURE-RISEBUST ホシノ・フミナ エンディングVer. ついに完成です!!いやぁ~結構時間かかりましたね~ ...

最後に「はいぱーギャン子」と一緒に

若干改造してあるとは言え、造形的には「はいぱーギャン子」のほうが似ていますかね?

<2017年10月18日 画像追加>しばらくのご無沙汰です。遂にHGBF 「はいぱーギャ...

フミナは顔の造形が難しいんでしょうか?

ちょっと改造すれば、コチラも似てきますかね?

それではポーズを付けて何枚か。

このキットの問題点としては手首のポロリがひどいですね。

写真のように「スターバスターソード」を持たせると高確率でポロリします。

肩関節は「はいぱーギャン子」のように取れることはありませんでした。

結構干渉するパーツが多いですが、うまく逃がすことが出来るのでポーズはいろいろ取れます。

ただし、「ふみな」に限らずですが、股関節より下はあまり動きません。

今後の課題でしょうかね?


スポンサードリンク




それではアーマーをパージして

なかなかグラマラスなフミナ先輩です(笑)

バックショットです。

「はいぱーギャン子」もそうでしたが、妙に尻の造形に力が入っている気がします・・・

そうそう!!

アーマーはまとめて「SDすたーういにんぐがんだむ」として組めます。(やっつけ)

シールは一切貼っていません。

フミナ先輩も目以外はシールは使っていません。

ウイニングガンダムの系譜としては面白いギミックです。

(作成者違いますけどね)

余剰パーツが一切出ない良設計ですが、首と肘が動かないのが残念です。

値段的にはしょうがないのですかね?

<2017/10/4追記>

説明書とランナーの紹介を忘れてました。

まずは説明書です。

・・・ミナト君さすがだわー(笑)

ランナーは結構あります。

また、写真では小さくて見えにくいでしょうが、一部ランナーの名称が「ういにんぐふみな」ではなく「ばとろーぐふみな」になってるんですよねぇ~

実際、すでにフルアーマー?ヘビーガンダム?っぽいフミナ先輩も発表されましたし、相当使いまわされるんじゃないでしょうか?

(正直もうお腹いっぱいです・・・)

それでは「ういにんぐふみな」の可動域です。

頭部は上下それなりに動きます。

ポーズを付けるのに困ることは無いでしょう。

腕部は肩・肘ともに90度程度曲がります。

肘部はアーマーを外せばもう少し動きますが、アーマーが付いた状態では干渉してしまい、この程度です。

股関節は130度程度でしょうか?

おっと、いやらしい(笑)

こちらもサイドアーマーが干渉しますが、これくらい開けば十分でしょう。

問題の脚部です。

ここは股関節の問題ですが、股関節は前後にはほとんど動きません。

アーマーの干渉と合わさってかなり厳しい可動です。

膝部は100度程度ですね。もう少し曲がってほしいところです。

足首は今まで通りほぼ動きません。

ココは本当に直してほしいところです・・・

以上となります。

可動域としては「はいぱーギャン子」と同程度ですね。

使用されているパーツも一部は同様のパーツですので当然といえば当然ですね。

「はいぱーギャン子」のレビューでも書きましたが、あまり動かして遊ぶようなガンプラでは無いため、可動自体はこのくらいで十分なのかな?とも思いますが、個人的には不満ですね。

「ういにんぐふみな」は手首のポロリが多く武器を持ったポーズの付けずらさでイライラすることが多々ありました。

この辺も改修必須の箇所じゃないでしょうか?

さて、「はいぱーギャン子」の回でも述べましたが、さっそく「ういにんぐふみな」の改造に入ります!!

まずは一番大事な頭部からです。

やはりフィギュア?は顔が命ですから!!

「はいぱーギャン子」同様に極力パッケージアートに似せていきたいと思いますが、「ういにんぐふみな」に関しては何パターンか改造案があるため、もう少し弄びながら方向性を決めていきたいと思います。

まぁ、顔に関しては極力似せれるように頑張ります!!

<2017/10/17>

改造完了しました!!

完成記事は以下のリンクより

HGBF「ういにんぐふみな」!!遂に改造完了しました!!「こまけぇことはいいんだよ!!」って声が聞こえてきましたので...

それでは・・・

次回を待て!!


スポンサードリンク




関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク