HGBF ういにんぐふみな の顔をちょっとの改造でより「フミナ先輩」にする

どこかで見た題名です!! アイキャッチもね!!

はいぱーギャン子の記事の伸びがすごいです・・・・皆様「ギャン子」大好きなんですね(笑)私もです!!そんな訳で...

「ギャン子」です(笑)

「はいぱーギャン子」に負けないように「ういにんぐふみな」の顔をより「フミナ先輩」に似せていきたいと思います。

下の画像はサムネイルの文字を外したものになります。

左から、塗装済 「フィギュアライズバスト ホシノ・フミナ」   素組の「ういにんぐふみな」   今回の改造を行った「ういにんぐふみな」となります。


スポンサードリンク




真ん中の素組みを外してみました。

どうでしょう?

かなり似てきたんじゃないでしょうか?

レビューでもお見せしたように「ういにんぐふみな」は「すーぱーふみな」に比べて、かなり顔が改善されています。

・・・うん!! スゴイ良くなってます(笑)

それでも、「はいぱーギャン子」に比べるとイマイチと言わざるを得ないので、負けないように改造していきます!!

まずはどこが似ていないのかを確認していきましょう・・・・


スポンサードリンク




まずは目です。

開発者の話で良く出いていますが、今回の「ういにんぐふみな」の顔はフィギュアライズバスト ホシノ・フミナの頭部を元に作成されたとのことです。

髪の毛のランナーなんかを見ると、確かにフィギュアライズバストのランナーと全く同じ(サイズ違い)なので、CADデータを縮小して、多少修正をして使用しているのでしょう。

顔に関してはフィギュアライズバスト は「目」のパーツが輪郭・まつ毛含めて多色成形されていました。

HGBF「ういにんぐふみな」ではさすがに、これは再現できないので「すーぱーふみな」同様にモールド及びシールにて処理されています。

この違いが大きいようです。

フィギュアの顔の出来は7割は目だと思います。

今回の「ういにんぐふみな」の目のシール単品で見ると、かなり良い出来だとは思います。

しかしシールですと、①位置合わせが難しい ②シールとキットの間に隙間ができる と2点の問題が出てきます。

この問題を解決するために目のみシールを使い、まつ毛・輪郭は塗装にて対応しましょう。

これは「はいぱーギャン子」のときに行った方法と同様ですが、赤線部のまぶた部のモールドには「ガンダムスミ入れシャープ」で線を入れています。

青線部のまつ毛と目の輪郭部はアクリル塗料のブラックを筆塗りにて塗装しています。

そのためはみ出してしまうこともあると思いますが、はみ出した部分は塗料が乾いた後に「つまようじ」でこすると綺麗に剥がれます。

ですので、あまり失敗を恐れずに作業してください。

目には付属のシールをそのまま貼り付けてください。

今回使用する目のパーツはC1⑫になります。

クリアパーツを使わない方のランナーですね。

クリアパーツを使う方はどうしても設定画に似ていないため、今回は使いません。

シールはNo.① ③ ⑤のどれかを使用してください。

写真のシールNo.は⑤です。

さて、フィギュアの顔の出来を決める残り3割ですが、これは輪郭ですね。

今回の顔は少々凹凸が大きい気がします。

レビュー時に載せた「GGG ホシノ・フミナ」 と「ういにんぐふみな」と「すーぱーふみな」を並べた写真です。

理想は右側の「GGG ホシノ・フミナ」の顔ですが、比べてみると頬骨が膨らみすぎている点と顎が尖りすぎているため、輪郭がキレイな直線になっていないのが分かると思います。

多分3次元の顔の造形としては正しい作りなのだと思いますが、2次元を3次元に変換するフィギュアとしては少々やりすぎなのだと思います。

現に「GGG ホシノ・フミナ」は「ういにんぐふみな」に比べ、かなり凹凸が少ない作りになっています。

ですので、上の写真の青〇の箇所を平らに削っていきます。

ペンサンダーにNo.400→No.800のヤスリを順番につけて凹凸が小さく、かつ顎のラインがまっすぐなるように調整しましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

このくらいになれば、キレイな顔になると思います。

以上の2か所を改造したのが、最初にあげた比較写真になります。

もう一度載せましたが、大分フィギュアライズバストに似てきたと思います。

これに全塗装を施せば、さらに似てくると思います。

現在はプラスチックごとの艶にムラがあるため、若干の違和感はあるかと思います。

左と同様の塗装を施せば、ほぼ同じになると思います。

・・・欲を言えば口元が少々上がりすぎているのを修正したいと思いましたが、これを行うとほぼ作り直しになってしまうため初心者には厳しいと思うので、今回は行いません。

もし、ご自分の腕に自信があるかたは、フィギュアライズバストの口元を参考に改造されてみてはいかがでしょうか?

以上で、顔部の改造は完了となります。

長々と書いてしまいましたが、行うことは、

1:パーツC1⑫にシールNo.① ③ ⑤のどれかを貼る。

2:まつ毛・輪郭をエナメル塗料のブラックで筆塗りする。

3:まぶたをガンダムスミ入れシャープにてスミ入れする。

4:頬と顎をヤスリがけする。

の4点です。

上に書いていますが、ヤスリがけ以外は何度でも修正可能ですので、気負わずに作業を行ってください。

ヤスリがけのみ、少しずつ確認しながら時間をかけて行いましょう。

この作業だけで、各段にキレイな顔に改造できます。

せっかくのキットですから、より良いものを目指して改造してみましょう!!

次回以降も「ういにんぐふみな」の改造を行っていきます。

最後までお付き合いくだされば幸いです。

<2017/10/17>

改造完了しました!!

完成記事は以下のリンクより

HGBF「ういにんぐふみな」!!遂に改造完了しました!!「こまけぇことはいいんだよ!!」って声が聞こえてきましたので...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク