HGBF ういにんぐふみな 最後の改造

HGBF「ういにんぐふみな」の改造も今回で最後になります!!

いや~「ういにんぐふみな」皆様お好きですねぇ(笑)

HGBF「はいぱーギャン子」の記事でも少し触れましたが、「はいぱーギャン子」の顔改造の記事が小バズしていました。

はいぱーギャン子の記事の伸びがすごいです・・・・皆様「ギャン子」大好きなんですね(笑)私もです!!そんな訳で...

その流れかもしれませんが、HGBF「ういにんぐふみな」のレビューと顔改造の記事については大バズしてます!!

「見せてもらおうか!! バンダイのガンプラの進化とやらを!!」そんな訳で皆様お待ちかねの「ういにんぐふみな」が発売されました。 ...
どこかで見た題名です!! アイキャッチもね!!「ギャン子」です(笑)「はいぱーギャン子」に負けないように「う...

この2つの記事だけで通常の倍レベル閲覧していただけました。

途中でサーバ落ちしてたりしたので、本当ならもう少し伸びたかもしれません。

この場を借りて、お礼申し上げますm(_ _)m

さて、それでは最後の改造に入りましょう。

残るは脚部と武器のみです。


スポンサードリンク




その1:脚部の合わせ目消し

さて、「ういにんぐふみな」の脚部には大きな合わせ目が大量にあります。

まずは太ももですね。

前後分割のため、左右に大きな合わせ目が出ています。

しかもかなり目立ちますので、しっかり処理しましょう。

上の写真の左側の青点線部にセメントを多めに付けて30秒~1分程度放置した後、パーツ同士を接着します。

上の写真の右側のようにプラスチックが溶けてはみ出してきます。

1日程度放置して、セメントが硬化したらペンサンダーにNo.400→800のヤスリをつけて順番にヤスリがけを行い合わせ目を消しましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

合わせ目がキレイに消えれば作業完了です。

お次は脛部の合わせ目を消します。

「はいぱーギャン子」同様に脛部は3パーツ分割となっています。

「はいぱーギャン子」様(笑)の改造記事・・・ものすごい読まれております。ありがたいことですが、あまり他の方々は「はいぱーギャン子」の...

今回一番下のパーツはボディスーツ版「フミナ先輩」にするので靴下とします。

ですので、上の写真の青点線部の2パーツの合わせ目を消します。

赤線部は何もしません。

やり方は太ももと同じですので、割愛します。

キレイに消えれば作業完了です。


スポンサードリンク




その2:水着をボディスーツに変更

腰部の改造で一部水着をボディスーツに改造してあります。

それでは、顔・胸部に引き続き腰部の改造を行っていきます。前回の記事にて「ういにんぐふみな」は水着からボディスーツに改造する方...

現状、股上までしか改造されていませんので続きの股下をボディスーツに改造していきましょう。

その1で合わせ目を消した太もも部にスジ彫りを追加します。

左足のみ黒い部分があるので、左右で少しスジ彫りの位置が変わりますが、他のパーツ同様直線主体なのでさほど難しくはないでしょう。

ただし、お尻の周りや黒い部分の太ももを一周グルリとスジ彫りを行う箇所は曲面へのスジ彫りとなりますので、ずれないように注意してください。

裏側も同様にスジ彫りしています。

スジ彫りに使用する道具はいつも通りBMCタガネ0.3mmとスジボリ用ガイドテープ 3mm です。

・BMCタガネ 0.3mm

・スジボリ用ガイドテープ 3mm


スポンサードリンク




その3:ういにんぐふみなの脚をセクシーにする。

これも「はいぱーギャン子」で行ったものと同様の改造ですが、ボディスーツと生足のつなぎ目をペンサンダーにNo.800のヤスリをつけて少し削って丸めましょう。

こうすることで、ボディスーツが足に食い込んだような印象になり、少々エロチックに仕上がります(笑)

「はいぱーギャン子」ほどのむっちり感はいらないと思いますので、少な目で良いと思います。

靴下部も同様の処理をしますが、今回ワタシは靴下側は削らず生足側のみ削っています。


スポンサードリンク




その4:脚部アーマーのパーティングライン消し

脚部アーマーは今回そのまま使用しますが、下の写真の青点線の位置にパーティングラインが出ています。

しかも、かなり大きいのでNo.800のヤスリのみで削るのは大変です。

ココはペンサンダーにNo.400→800のヤスリをつけて順番にヤスリがけを行い合わせ目を消しましょう。

キレイになれば作業完了です。


スポンサードリンク




その5:スターバスターソードの改造

さて、この改造が終われば本当にHGBF「ういにんぐふみな」の改造は完了になります。

最後まで手を抜かずに作業を続けますよ。

まずはビームマシンガンの銃口部を1.0mmのピンバイスで開口します。

下の写真の左側の部分ですね。

最近のガンプラではライフル系の銃口が平らなことは、あまり無いのですがBB戦士系ですとまだこういった場面が存在しますね。

お次は上の写真の右側の部分のビームマシンガンの合わせ目処理を行います。

銃口と違い、武器類は左右モナカになっていることはまだまだ多いです。

「ういにんぐふみな」のビームマシンガンはヒケの関係もあって、かなり目立ちます。

ヒケ処理も兼ねて、しっかり合わせ目消しを行います。

やり方はその1と同様ですので、やり方は割愛します。

このパーツはヒケもかなりありますのでNo.400でヤスリがけを行う際にしっかりと平らになっていることを確認してください。

せっかく合わせ目消しをしたのに、消せてなかったなんてことになると改造が台無しですので・・・

お次は「SDすたーういにんぐがんだむ」のアンテナにもなるスターバスターソードの鍔部をシャープ化します。

アンテナの先端に1.0mmのプラバンを適当なサイズにカットしてセメントで接着します。

1日程度放置して、セメントが硬化したらニッパーなどでアンテナより少し大きめにカットします。

はみ出した箇所とつなぎ目をペンサンダーにNo.400→800のヤスリをつけて順番にヤスリがけを行い合わせ目を消しましょう。

キレイになれば作業完了です。

さて次で本当の本当に最後です。

最後はスタークロスのパーティングラインを消してしまいましょう!!

やり方はペンサンダーにNo.400→800のヤスリをつけて順番にヤスリがけを行う!!!!

以上です(笑)

さあ!!

遂にHGBF「ういにんぐふみな」完成しました!!!

うーん、すばらしい!!!

ここから塗装でボディスーツがピンクになってくるので完成品はまた違った印象になるかと思います。

改造量は思いのほか多かったですね(笑)

水着からボディスーツに改造とかしたからですね・・・・

とは言え、それ以外の細かい改造だけでもそれなりの改造量になっていると思います。

合わせ目消しや肉抜き穴埋め、パーティングライン消しなど細かい作業を多く行ってきました。

これらの工作は単純な作業で、正直面倒くさい作業です。

ですが、その作業を行ったものと行っていないものでは、出来の差は見ての通りとなります。

こうやって見比べると、やる気も起きるってもんです(笑)

この後は、塗装→デカール貼り⇒トップコートを行い、完成品のお披露目となります。

今回は塗り分けが多いため、少々お時間をいただくかもしれませんが、出来次第アップいたしますので、お楽しみください。

<2017/10/17>

改造完了しました!!

完成記事は以下のリンクより

HGBF「ういにんぐふみな」!!遂に改造完了しました!!「こまけぇことはいいんだよ!!」って声が聞こえてきましたので...

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク