【ネタバレ】 ガンダムエース 2月号 発売 機動戦士MOONガンダム 第4話 シータプラス 公開

2017年12月26日に月刊ガンダムA(エース) 2月号が発売されました。

表紙は「ムーンガンダム」のフェイス部になります。

・・・このまま見ると、宇宙世紀には見えないですね。

鉄血世界みたいです(笑)

むしろ月鋼か!!

漫画に比べて、より形部イズムはにじみ出ております(あたりまえか・・・)
スポンサードリンク




もちろん機動戦士MOONガンダム 第4話 も掲載されております。

ユッタくんが遂に掲載前に表記された姿となりました・・・

ムーンムーン戦士隊の装束ようですね。

一般兵?がそのような姿をしていないのを見ると新人鼓舞用的な扱いなんですかね?

ターンエーの成人式的な・・・・

第4話、話はあんまり進んでいませんね。

・ユッタが戦士隊として宇宙に出たこと。

・アルツトの長レイメルよりユッタにニュータイプ的な素質があるかもと示唆されたこと。

(ユッタの祖父がムーンムーン人で無いことは後に伏線で回収されるのでしょう・・・)

・ダブルゼータ型の機体(シータプラス)に乗っていた女性(サフィラ中尉)がシャアを追っていること。

・アタラント3(ミネバ騎乗艦)に連邦への内通者がいるかもしれないこと。

(ミネバ様は年代的にあたりまえですが少々幼げですね。)

そのくらいですね。

やはり小説と違って漫画では進みが大分遅めです。

全話やるのに何年かかるのか・・・

話の長さがユニコーンクラスだったとしても5年以上はかかりそうですね・・・

映像化するなら巻き返しを図ってもらいたいところです。

さて、今回のMECHANICAL WORKS は MSZ-010A シータプラスです。

形部一平氏では無く虎哉考征氏デザインの模様

・・・て言うか「ZZ-GR」が正規に組み込まれそうです・・・

GUNDAM EVOLVE../にて登場した「ZZ-GR(ズィーズィー・ズィーアール)」

もちろん「ジュドー・アーシタ」搭乗機です。

ネオ・ジオン残党に追われる「キュベレイマークⅡ」は当時から「ミネバ」が載っている等のウワサが絶えない機体でしたが、ユニコーン登場と共にアナザー扱いとなっていました・・

今回の設定で EVOLVE../ の動画がどのような扱いになるのか・・・

今回これが一番の驚きです(笑)

デザインとしては名前の通り「ZZ」 + 「ゼータプラス」ですね。

「ZZガンダム」が「Θガンダム(シータガンダム)」なのはガンダム界では周知の事実のはず(笑)

説明機体の中ではMSZ-090のみ未登場ですね。

(MSZ-010はZZガンダム MSZ-013は量産型ZZガンダムですね。)

MSZ-009 プロトZZガンダムの誤植の可能性が大きそうな気もします・・・

新機体だとすれば、今後の登場を期待しましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. としぽん より:

    今月号のガンダムエースは予約し忘れてたので明日か明後日辺り届きそうです。

    シータプラス・・・そう来るか。
    形式番号の末尾がA1になっているのも気になりますね、Zプラスのように別の機体でA2やC型などがあるのか?それともユニットを交換することで変更されるのか?

    腹部の形状を見る限りコアファイターは無さそうですね、あくまでモジュール又はユニット化されているだけで分離は出来ないという感じでしょうか?

    ところでシータプラスもそのうち造ったりするんでしょうか?

    • yoh0919 より:

      シータプラス・・・確かに他の型がありそうですね。
      A1は画稿見ると頭部メガキャノンはオミットされている気がするので、A2では使用可能にするのかな?と思いますが、C型についてはすでにC型の特徴である宇宙戦を行ってるので、A1型及びA2型のみ展開かなと思っております。
      A3やB型はMSV的に展開するんですかね・・・

      シータプラスも作ってみたいとは思いますが、ほぼZZまんまなんで、おもしろ味に欠けるかなと思っていましたが可変出来る前提で作成すれば面白いものが出来るかもしれませんね。
      少し検討してみたいと思います。
      ご意見ありがとうございますm(_ _)m