HGBF A-Zガンダム 頭部改造編 「いや・・海外遠征用に新型を作ったんだ・・・」

それでは Amazon.co.jp 限定発売 のユウキ・タツヤ最新作のガンプラ

HGBF 1/144 A-Zガンダム

改造を始めていきます!!

まずはいつも通り頭部からの改造となります。

レビューでも書いたのですが・・・

Amazon.co.jp 限定発売 のガンプラHGBF 1/144 A-Zガンダム のレビューをになります。2018年1月2...

正直少々難儀なキットとなっております。

パッと見良く出来たキットなのですが・・・

なんかおかしいんですよねぇ

実際にうまいことポーズを決めないとカッコ悪いと言い切れちゃうようなキットです。

全体的なバランスを調整して素材の良さを引き出していければと思っています。

・・・料理っぽいですね(笑)

それでは改造始めます!!

スポンサードリンク



その1:アンテナのシャープ化

HGではおなじみの安全対策のカットからスタートです。

元キットがZガンダムと言うことにプラスして、頭部後方のAマークにも安全対策が施されているため計6か所のシャープ化が必要となってきます。

まずはニッパーを使って、少しだけ安全対策を残してカットしてしまいましょう。

上の写真くらいが理想ですね。

あまりカットしすぎてしまうと、逆にえぐれてしまうため多めに残すくらいのつもりでカットしてください。

お次はペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてキレイに削り込んでいきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

小さなパーツですので折れないように慎重に作業してください。

上の写真くらいまで削り込めばOKです。

スポンサードリンク



その2:フェイス部 後ハメ加工

続いてフェイス部の後ハメ加工を行います。

その3にて頭部の合わせ目を消すためにヘルメット部を接着してしまいます。

そのため、フェイス部を後で組み込めるようにするための改造を行います。

と言ってもそれほど難しいことは無く、以下の箇所の凸部をニッパーなどでカットすれば作業完了です。

元のZガンダムの設計同様にA-Zガンダムの設計にもモデラーのNAOKI氏が関わっているのかな?

そのためか、こういった改造がしやすいように設計されているのはウレシイ限りです。

スポンサードリンク



その3:頭部合わせ目消し

合わせ目処理などが極力減ってきたHGですが、A-Zガンダムの頭部には残念ながら一部合わせ目が出てしまっています・・・

頭部とさか部後ろ側ですね・・・

続く後頭部はモールドとして処理されているので、とさか部のみ処理していけば良いと思います。

まずは下の写真の箇所にセメントをたっぷりと塗ります。

※セメントは指定した箇所すべてに塗ってください。片側だけだとセメント量が足りずに合わせ目が消せない場合があります。

30秒~1分ほど放置したら、パーツ同士をくっつけます。

プラスチックがセメントで溶けて、上の写真のようにはみ出してくればOKです。

1日程度放置してセメントが硬化したら、ペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてはみ出した部分を削ってキレイにします。

キレイになれば作業完了です。

スポンサードリンク



その4:顎部・頬部小型化

A-Zガンダムの頭部で問題になる箇所はここですね。

顎(初代ガンダムで言う赤い部分)ですね。

ココが大きすぎるんですよね。

コレも安全対策の一環かもしれませんが、ココを大きく削っていきます。

ココはペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて下の写真くらいまで削っていきます。

最後にペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてキレイに磨けばOKです。

上の写真では合わせて頬も同様に削り込んでいきます。

と言っても0.5mmくらいですので、あまり変化が分からないと思いますが襟部との干渉を避けるため少し削っています。

少量ですので、ペンサンダーにNo.800のヤスリを付けて削っていけば良いでしょう。

顎部分はもう少し削っても良いかもしれません。

RG Zガンダムと現在作成中のシータプラスと並べると・・・・

・・・ZZガンダムって意外と頭小さいんだなぁ・・・

RG Zガンダムの顎部はもう少々小さめですね。

かなりイケメンなため、それに寄せるためにもう少々顎部は小さくしても良いかもしれませんね。

後日調整します。

スポンサードリンク



その5:頭部ディティールの追加

A-Zガンダムの頭部はHGとしてみれば、しっかりとモールドが入っています。

気になった箇所はトサカ部の前部だけでしたので、そこに小さいですがモールドを追加しています。

0.3mmのプラバンを底辺:2.5mm 上底:1.5mm 高さ:1.5mmの台形にカットしたものを貼り付けています。

小さな改造ですが、少々隙間感があったトサカ部もそれなりに密度感が増しました。

さてそれでは作成した頭部をくっつけてみましょう!!

顎を削ったことにより少々小顔になっていると思います。

顔だけ見ると良い出来ですが、胸部とのつながりが現状イマイチなため次回はその辺りの修正から行っていきます。

胸部は結構いろいろな改造を行っていきます。

ゆっくりで構いませんので丁寧に作業していきましょう。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク