HGBF A-Zガンダム 脚部改造編 「彗星よ!紅蓮に・・燃え上れぇぇぇ!!」

HGBF 1/144 A-Zガンダム 本体最後の改造になります。

さっそく脚部の改造を行っていきます。

スポンサードリンク



その1:腿部の合わせ目消し + 後ハメ加工

ココはHGUC 203 Zガンダムのときも書いたのですが、合わせ目とモールドが微妙に組み合わせっています。

・・・ホントなんでしょうね?コレ?

ココは正直修正してほしかったのですが、残念ながらそのままでした・・・

しょうがないので(苦笑)、合わせ目消しを行っていきます。

まずは前後パーツ両方の接続面にセメントを大量に塗ります。

そのまま30秒~1分程度放置してからムニュっとくっつけます。

上の写真のようにプラがセメントによって溶かされ外側にはみ出ればOKです。

はみ出しが少ない場合は一度パーツをはがしてもう一度セメントを塗るところからやり直してみましょう。

一日程度置いてセメントが乾いたらNo.400→800の順でヤスリ付けてヤスリがけを行い下の写真のようになれば完成です。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

合わせて、内部フレームの改造を行います。

元々分割されていたパーツをはめるために内部フレームのいくつかのデッパリをカットする必要があります。

いわゆる後ハメ加工ですね。

以下の写真にカットする場所を明記しています。

前から

横から

(写真は分かりやすいようにサフを吹いています。)

カット箇所は凸部が前後ろの2か所・前部のT字の両端・両端のデッパリを左右ともで

計6か所をカットします。

そうすることで、接着した腿部のパーツを内部フレームの上側から被せれるようになります。

6か所を丁寧にカットして抜き差しできるか試してみましょう。

最初はニッパーで大まかにカットして、引っかかって抜き差しできないようであればデザインナイフで少しずつ引っ掛かりをカットしていきましょう。

正常に抜き差しできるようになれば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:腿部のディティールアップ

・・・と言ってもとても簡単なものです。

上の写真の青□部ですね。

A-Zガンダムの腕部改造編や

それでは引き続き HGBF 1/144 A-Zガンダム の改造を行っていきます。今回は腕部の改造ですね。スポ...

他のキットでもちょろちょろ書いていますが、プラバンにはタミヤ製品のようにB4版サイズのほかにすでに特定のサイズにカットしたものが売られています。

エバーグリーン製品が有名です。

厚さもいろいろなものがあり、形状もさまざまなので、Amazonなどで「エバーグリーン 平棒」で検索してみると面白いと思います。

今回は エバーグリーン 平棒 の 厚さ:0.25mm 幅1.0mmのモノを3mmにカットして貼り付けています。

スポンサードリンク



その3:膝ガードディティールアップ

ココもその2同様にさほど難しくは無い改造です。

上の写真の青線部ですね。(同じ文章が続いてますね・・・)

ココはBMCタガネの1.0mmにてRG Zガンダムを参考にしてスジ彫りを追加しています。

中央にスジ彫りを1本追加するだけですが、太めのスジ彫りは丁寧に行わないと曲がりやすいので慎重に行ってみてください。

スポンサードリンク



その4:脛部ディティールアップ

お次は脛部のディティールアップを行います。

まずは内側に膝ガードと同様にRG Zガンダムを習ってスジ彫りを追加しています。

今回は0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。

左半分に青色で線を引いています。

腰部改造でフロントガードを分割しているので立膝立ちも自然ですね(笑)

お次は外側の「A」型の翼部に同じく0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加してします。

上の写真の赤線の箇所ですね。

ココは塗装時にホワイトを指し色として追加して少しカラフルにしようと思っています。

そのためのスジ彫りです。

裏側も同じようにスジ彫りします。

最後にバーニアの内部にメタルパーツの埋め込みます。

まずはリア側のバーニアに2mm径のメタルパイプを埋め込みます。

お次にサイド側のバーニアに4mm径のメタルパイプを埋め込みます。

こんな感じになりました。

・・・・しかし、このサイド部のバーニアのパーツの出来はヒジョーに悪いですね・・・

A-Zガンダムの新規パーツ全体に言えることですが、バーニアと他のパーツが1パーツで成形されているため塗り分けが大変面倒くさいことになっています・・・

最近のHGでこういったレベルの低いパーツはなかなか見当たらなかったので正直がっかりでした・・・

今回のA-Zガンダムの鬼門となるパーツですね。

スポンサードリンク



その5:アンクルガードのディティールアップ

最後にアンクルガード部にもモールドを追加していきます。

ココもRG Zガンダムを参考にしています。

まずは青□部に0.3mmのプラバンを縦:5mm 横:5mmのサイズにカットして貼り付けて

赤□部に同じく0.3mmのプラバンを 縦:2.0mm x 横:3.0mm のサイズにカットし貼り付けています。

下部はBMCタガネ0.3mmにてちょいちょいとモールドを追加しています。

さて、以上で脚部の改造は完了となります。

それでは全身をくっつけてみましょう・・・・

どうでしょう?

大分バランスが良くなったと思います。

8頭身な感じですね。

これは、腰部のフロントガードを少し上に付けた効果もあると思います。

さて、残すところバックパック +武器類の改造のみとなりました!!

次回にて最後の改造です!!

バックパック自体はそれほど多くの改造は行わないためサクサク進めると思います。

作業完了まで今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク