ラフレシアの作成について

ラフレシア01

昨日、MG-モデラーズギャラリー様にラフレシアを投稿させていただきました。

たくさんの投票をいただけてうれしく思います。

もう、何年も昔の作品になるのでちょっと恥ずかしいのですが一発目のネタとしてはいいかな?との思いでした。w

他にも写真が何枚かあるのでコチラに載せたいと思います。

ラフレシア01 ラフレシア06 ラフレシア02 ラフレシア03 ラフレシア04 ラフレシア07

・・・以上になっておりますw

これが作りたくってガンプラ制作に舞い戻ってきたので、正直かなり気合を入れて作りました。

モチベーションが高かったので間違っちゃ~作り直しての繰り返しもそんなに苦ではなかった気がします。

これ、羽の部分はバルサ材の積層で作ってましたw

いやいやバルサ材ってw って今では思うんですが、最初の投稿にも書いたように当時は情報があんまり無かったんで主観で削りやすそうなもので作ってました・・

実際は、バルサ材をキャスト置換する際にえらい目にあったので二度とやらないと思いますがね(汗

胴体の天井部はMG F91のラフレシアを使っていますが、そのままだと小さいので幅増しして使っています。

それ以外はプラバンを円形にひたすら切り抜いて胴体を作っています。

当時はエバーグリーンの存在を知らなかったので、タミヤの2mm板を延々とオルファのラチェットコンパスカッターで切り抜いちゃー貼っちゃーしてました。

一番大変だったのは触手ですね・・・・

0.3mm のビーズを10000個くらい針金に通して作ってます。

まるで内職のようでしたよ・・えぇw

ただ、もっと技術が上がったらもう一回作ってみたいモチーフでもあります。

一番好きなモビルアーマーなんでね。

”しかも脳波コントロールできる!”

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク