【ネタバレ】 ガンダムエース 4月号 発売 機動戦士MOONガンダム 第6話 アルス・ジャジャ 公開

2018年2月26日に月刊ガンダムA(エース) 4月号が発売されました。

表紙は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」よりνガンダム(Hi-νガンダム)とナイチンゲールになっています。

漫画版ベルトーチカ・チルドレンもいよいよ佳境となっております。

次回最終回との予告アリ!!

各情報も春よりの放送が発表された「ガンダムビルドダイバーズ」など3月以降盛り上がる情報が多くウレシイ悲鳴です。

MG F91 Ver2.0、REビギナ・ギナなど個人的にテンションの上がる情報もありましたしね(笑)

最近のF91押しはたまりません!!

スポンサードリンク



さて、本ブログメイン押しの「機動戦士ムーンガンダム」ですが、ようやく話が進みそうな感じです・・・・

新規MSとしては・・・・

ジェガン コンロイ機のようなバイザー装着型の「GMⅢ」となります。

・・・搭乗艦はロンドベルですので、マンハンター:エコーズってことは無い気もしますが、バイザー装着型はあるんですね?

さて、そのほかのシーンは・・・

お爺、ヤリを持って宇宙に飛び出す・・・・

字面だけ見るとスゴイことになっています(笑)

MS戦もかなりのページ数を割いて描画されております。

ガズL・グラウの有線式ビームナギナタなど、おもしろい描画が多いです。

人物周りの描写としては、やはりユッタ君はニュータイプ能力が大分高いようですね。

頭部だけになったムーンガンダム(G・ドアーズ)とすでに感応を始めています。

この感じですと、ユッタ君はネオジオンに連れていかれそうな感じですが、その後ネオジオン軍がムーンムーンに乗り込む形になるのでしょうか?

ムーンガンダム完成までの道のりはまだまだ長そうです(苦笑)

最後に「MOON GUNDAM MECHANICAL WORKS」です。

今回登場のMSは、AMX-104L アルス・ジャジャとなります。

第2話目から登場している機体です。

当時はR・ジャジャだと思い込んでおりましたが、どうやら新規機体だった模様・・・

違いは(細かいディティールを除いては)頭部アンテナ、肩部にレドームポッド搭載、腰部にグレネードランチャー搭載、大型ビームライフル装備 くらいでしょうかね。

Design of Commentary ですでに「ランナー」と明記があるので発売は決定事項のようです(笑)

これにて、R・ジャジャも

・R・ジャジャ(ZZ版)

・R・ジャジャ(トワイライトアクシズ版)

・R・ギャギャ

・アルス・ジャジャ

と4体になります。

R・ギャギャを除く残り3体はHGUCでの発売は確定でしょう!!・・・きっと・・・・

R・ジャジャ2体はプレバン行きな気もしますが、最低でも発売だけはしてほしいところ・・・

まずはアルス・ジャジャの商品化を待ちましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク