HGBF ミセス.ローエングリン子 アークエンジェル改造 + 塗装編 「ダーリン、カッコよかったんだから~っ」

今回でHGBF ミセス.ローエングリン子の改造も最後です!!

今回はアークエンジェル部とお約束した塗装部の途中までご覧いただければと思います!!

それではさっそく改造いっちゃいましょう!!



スポンサードリンク





その1:アークエンジェル 合わせ目消し

アークエンジェル部は結構やっつけ仕事部分が多いです・・・・

その1つに合わせ目が多く出ているという問題があります。

まずはプラズマバリアントガンです。

思いっきりモナカです(笑)

下のやり方にて合わせ目消しを行ってしまいましょう。

①パーツ両面にセメントをたっぷり塗ります。

②30秒~1分程度放置します。

③パーツ同士をくっつけます。(セメントで溶けたプラスチックがはみ出してくればOKです。)

④1日程度放置して乾燥させます。

⑤接着面をペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてキレイに磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

お次は翼部ですが、裏側はうまいことスジ彫り風ディティールに落とし込んでありますが、下の写真の部分は少々目立ちます。

ココもプラズマバリアントガンと同様の方法で合わせ目消しを行いましょう。



スポンサードリンク





その2:アークエンジェル 肉抜き穴埋め

さて、お次も悲しい作りの修正です(泣)

肉抜き穴が多数存在するアークエンジェルです・・・

上の写真の赤〇及び青〇部ですね。

ココをエポキシパテにて埋めていきます。

こんな感じです。

さほど目立つ箇所では無いので、気にならない方はココまでしなくても良いかと思います。

気になる方のみ行ってください。



スポンサードリンク





その3:アークエンジェル ディティールアップ

さて、アークエンジェル部最後の改造です(笑)

簡単な改造を2か所ほど行います。

まずはゴットフリートMk.71の砲身部の開口処理です。

左側のゴットフリートは1.0mmのピンバイスにて砲身部を開口しています。

小さな箇所ですが、意外と気になる箇所なのでサクッと改造しておきましょう。

お次は腰部に取り付ける翼部のシャープ化を行います。

少々分かりづらいかもしれませんが、下の写真の赤〇部は左側のパーツに比べてシャープになっているのが分かるかと思います。

これらはペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてシャープ化したものです。

さて、HGBF ミセス.ローエングリン子 改造はこれにて完了です!!

現状は・・・・

こんな感じです。

初期状態に比べるとかなりキレイになっていると思います。

コレでしたしね(笑)



スポンサードリンク





以上にてアークエンジェル部の改造はすべて終わりとなります。

これにて、改造作業は完了となりサフ→塗装→トップコートにて完成品のお目見えとなります。

さて・・・・

それでは・・・・・

今回はちょっと先に下半身だけ塗装してみたいと思います・・・・

良い子はここまででお帰り下さい(笑)

それでは・・・

ストッキング部を・・・・

サフ→肌色にて塗装後・・・・・

藍色とピンクを追加しています・・・・・・

(笑)

腿部はもう少し肌色を強めに塗り直します。

写真のままですと、すでにベージュのストッキングをはいたような色合いになっていますね(笑)

そこから薄くメタリックブラックを塗ってストッキング感を出していきます。

次回は完成品をお披露目いたします。

ご期待ください。

それでは・・・

次回を待て!!



スポンサードリンク





関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク