HGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット グレイズ(イオク機) 最初で最後の作成

みんな大好きイオク様専用グレイズ

プレミアムバンダイより発売されたHG 1/144 ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットついに最後のレビューと...

改造のお時間がやってきました!!

そして、今回で最後です(笑)

というのもグレイズの改造方法は概ねグレイズ(ダインスレイヴ搭載機)の改造と同じってのが大きいですね。

それでは始まりましたHGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット グレイズ(ダインスレイヴ搭載機)頭部改造編です!! ...
なんやかんやと改造が遅くなっていてすみません(汗)前回から2週間近く開いてしまいましたが、改造は続けております。...
お待たせしております HG グレイズ(ダインスレイヴ搭載機)改造も今回で最後となりました!!・・・はや!!(笑)いや...

ですので、ダインスレイヴ搭載機とは形状の違う、頭部・バックパックを今回改造していきたいと思います。

スポンサードリンク



その1:頭部改造

頭部は指揮官機と言うことと内部フレームがダインスレイヴ搭載機とは違っています。

そこの改造を行っていきます。

ちなみにスジ彫りとメタルパーツの埋め込みはダインスレイヴ搭載機と同様です。

まずは指揮官機最大の特徴であるトサカを尖らせていきます。

ココは安全対策の関係上、画稿とは違った形になっています。

ですので、先端に1.0mmのプラバンを貼り付けて形状を変更し尖らせていきます。

上の写真のようになりました。

やり方としては

プラバンを貼り付けて1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.400→No.800の順でヤスリを付けて磨きキレイになればOKです。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

お次は内部フレームのモノアイをVCドームに変更していきます。

モノアイ部を2.1mmのピンバイスで開口してそこに2.0mmのVCドームを埋め込みます。

上の写真のようになりました。

お次は下あご部(イエローのパーツ)の上面部を少々削ってツインアイの意匠を追加します。

グレイズの指揮官機はモノアイを閉じた後は左右にサブカメラ(ツインアイ)が付いているイメージなんですよね・・・

ですので、簡単ではありますがデザインナイフで下の写真のように削り込んでそれっぽいディティールを追加しています。

・・・正直あんまり分からないですね(笑)

塗装時にメタリックカラーで塗装してみるかもしれません。

頭部最後の改造はメインカメラ?のクリアパーツ化です!!

・・・・ココはメインカメラなんですよねぇ?

モノアイと位置がずれている気がするのは気のせいでしょうか?

今回は機体カラーと色がなじむようにクリアピンクのパーツの裏側からメタリックシールを貼っています。

これは、他のガンプラのクリアパーツのタグを流用したものです。

こういった小さなクリアパーツの改造にはプラバンのクリアよりもランナータグの方が向いていたりします。(白化しづらいため)

好きな色のクリアパーツのタグは少し取っておくと後で使いまわせて良いですよ(笑)

スポンサードリンク



その2:バックパックの改造

これでイオク様専用グレイズの改造は最後となります(笑)

バックパックの改造ですね。

バックパックはブースターとの接続パーツに大きな肉抜き穴があるのでエポキシパテにて埋めてしまいます。

エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.400→No.800の順でヤスリを付けて磨きキレイに磨きましょう。

肉抜き穴を埋めたらその横にある接続軸に蓋をします。

今回はコトブキヤ P111 マイナスモールド II の「6」を貼り付けています。

お次はブースター部の裏打ちを行います。

ココはすでにモールドが入っているのですが、薄っぺらく見えてしまうため同様のモールドをプラバンで再現します。

こんな感じですね。

0.5mmのプラバンを基部として、0.3mmのプラバンにモールドを書いて貼り付けています。

その後に、先ほどと同じくコトブキヤ  P111 マイナスモールド II の「3」と「2」を貼り付けています。

最後はバトルブレードの改造です。

ココはHGお馴染みの安全対策のため先っぽが丸まってしまっています。

頭部アンテナ同様に1.0mmのプラバンを貼り付けてシャープ化させています。

こんな感じですね。

さてこれにてすべての改造が完了です(笑)

と言っても、胸部・腰部・腕部・脚部の改造も入れるとそれなりの改造量になってはいます。

完成状態は

こんな状態です。

なかなかに男前なキットだと思います。

さてこれから塗装をして、スミ入れ、デカール貼り、トップコートを経て仕上げとなります。

塗装色はダインスレイヴ機と同様の箇所も少々変えてみようと思います。

サクサクっとお見せできると思いますので、イオク様ファンの方は楽しみにお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク