HGUC 1/144 陸戦型ガンダム 胸部改造編 「もう・・サイド2の二の舞はごめんだ!」

それでは頭部に引き続き

HGUC 1/144 陸戦型ガンダム 胸部改造していきます!!

胸部と言いつつウェポン・ラックも合わせて改造していっちゃおうと思っています。

ウェポン・コンテナは武器と合わせて改造します。

大きな改造はありませんが、細かく各パーツの精度を上げていこうと思います!!

スポンサードリンク



その1:各部面だし

・・・あまり本ブログでは全体的なヤスリがけや面だしのことは書いていません。

やることは単純だし、いわゆる初めて改造をしようと思っている人がこの行為に手を出すとガンプラの改造から少し遠ざかってしまう気がするので、極力書かないようにはしています。

(純粋に面倒ですしね・・・・)

ですが、HGUC 陸戦型ガンダムの胸部は全体的にシャープじゃない印象があります・・・

元々のプロポーション的にそうなのかもしれませんが、やりすぎな感じがします。

ですので、ココは少々信念を曲げて(笑) 面だしを行っていこうと思います。

面だしを行う箇所は写真の赤〇の箇所になります。

ココをペンサンダーにNo.400ヤスリを付けて平らにしていきます。

少々ですが、ヒケもあるので合わせてヒケも取ってしまいましょう。

平らになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換して再度ヤスリがけをします。

ヤスリがけをした箇所がツルツルとキレイになれば作業完了です。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

先ほどの写真と比べると

結構差が出ているのが分かると思います。

各面が軽く曲面になっていたのが、真っすぐになることによりシャープになったと思います。

スポンサードリンク



その2:メタルパーツでのディティールアップ

陸戦型ガンダムの胸部右側にはバルカンやマルチランチャーが装備されています。

コチラをメタルパーツ化していきたいと思います。

上の写真ですね。

バルカン部は2.1mmのピンバイスで開口後、面取りビットにて縁を削り2.0mmのメタルパイプを埋め込んでいます。

マルチランチャー部は閃光弾装備として2.5mmのメタルプレートにVCドームを貼り付けています。

また、上部の〇モールドには1.0mmのメタルボールを埋め込んでいます。

コチラは1.1mmのピンバイスで開口後、同じく面取りビットでふちを整えています。

合わせて腰部にも同様の手順で1.0mmのメタルボールを埋め込んでいます。

スポンサードリンク



3:腰部パーティングライン消し

腰パーツの上側ですね。

上の写真の赤点線の位置にガッツリパーティングラインが出てしまっています・・・

ココはペンサンダーにNo.400ヤスリを付けてパーティングラインを消した後、No.800のヤスリに取り換えてキレイにしていきましょう。

No.800のヤスリでも取れないことは無いですが、ワタシのキットは少々パーティングラインが大きめでした・・・

時間を考えるとNo.400から行ったほうが良いかと思います。

スポンサードリンク



4:首部肉抜き穴埋め

ココはそれぼど目立つ箇所では無いため気にならない方は行わなくても良いかと思います。

上の写真ですね。

裏側がガッツリ肉抜き穴となっていますので、エポキシパテにて埋めてしまいます。

1日程度放置してエポキシパテが硬化したら、ペンサンダーにNo.240ヤスリを付けて整えた後、No.400→800の順でヤスリを取り換えてキレイにしていきましょう。

スポンサードリンク



5:ウェポン・ラック改造

・・・と言ってもそれほど大きな改造は行いません。

まずは合わせ目消しになりますが、

コチラは塗装のことも考えて段落ちモールドとしていきます。

合わせ目に合わせてスジ彫りを行います。

スジ彫り自体はいつもの通り0.3mmのBMCタガネを使いガイドテープに沿ってスジ彫りをしています。

最後にバーニアを少しだけ改造します。

今回は簡単に中央部に1.0mmの真鍮線を埋め込んでみたいと思います。

上の写真のような感じですね。

真鍮線のカットには必ず金属用のニッパーを使用してください。

プラスチック用のニッパーでカットするとニッパーの方が負けます・・・

今回は1.0mmの真鍮線なので刃がかける程度ですが(それでもニッパーとしては使えなくなります。)、2.0mm以上ですとニッパーの刃が飛びます!!

ワタシも過去に一度やったことがあります・・・

ですので!!絶対やらないようにしてください!!

カットした真鍮線の先端は同じく金属用のヤスリで磨いてください。

バーニア中央部に1.0mmのピンバイスで穴を空けて真鍮線を埋め込んだら作業完了です。

以上で胸部の改造はすべて終了となります。

今回は少々改造箇所が多めでしたね。

見た目的にも結構変更があります。 

メタルパーツってやっぱり影響力が大きいです(笑)

表面処理をしたことによる全体のスリム化も影響がありますね。

さて、この調子でドンドン改造は進めていきます。

ゴールデンウィーク中には作業完了させれるように頑張って改造していきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク