【ネタバレ】 ガンダムエース 6月号 発売 カトキハジメデザイン 1/144 試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル 付属

2018年3月26日に月刊ガンダムA(エース) 5月号が発売されました。

今回の目玉は何と言っても「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」MSD HG 1/144 カトキハジメデザイン 試作型ロングレンジ・ビーム・ライフルですね!!

外箱は1色刷りのパッケージとなります。

ウラ面は説明文ですね。

側面は上下と左右は同じデザインです。(上下左右もそれほど変わりませんが・・)

中身はランナー1枚ですが、A1とA2が刻印されています。

後で分割して何かの商品に付くのでしょうか?

作成したモノは以下になります。

試作型ロングレンジ・ビーム・ライフルはざっくりと以下の4パーツに分離可能です。

一番右のビームガンはそのまま武器にもなります。

HG ORIGN 1/144 ガンダムFSD があればそのままバックパックに懸架出来るようですが・・・

持ってないので(笑)HGUC 陸戦型ガンダムに持たせてみましょう。

それでもかなり似合いますね(笑)

ガンマウントにはシールドを取り付けることも可能です。

輝き打ちですね(笑)

先ほども書きましたが、バーツを取り外してビーム・ガンとしても使用可能です。

スコープ付けたままですと少々不格好です・・・

両手持ちも可能です。

試作型ロングレンジ・ビーム・ライフルのレビューは以上です。



スポンサードリンク





さて、お約束の「機動戦士MOONガンダム」です。

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)・閃光のハサウェイ・ガンダムUC2(仮)と宇宙世紀100年近辺の歴史が追加されてきています。

MOONガンダムもこの辺りに組み込まれていくのでしょう。

予定を見るとMOONガンダムのアニメ化は早くても2020年以降なんでしょうね(笑)

ガンダムUC2がMOONガンダムになるんじゃないかとも思っておりますが、時間軸的には違うかな?

今月の「機動戦士MOONガンダム」では、ムーンムーンとネオジオンが合流しました。

この頃のミネバ様はZの頃に近い印象ですね。

ココからユニコーン時代の自分を出してゆくスタイルに変貌する過程が見られるのでしょう。

・なんとも情けない称号を得たサフィラ中尉です(笑)

・・・シータプラスの改造・・・あんまり進んでいません(汗)

現状主翼は作り終わったのですが、副翼・尾翼や肩部への移動機構をどうしようか考え中です。(多分差し替えだなぁ・・・)

今しばらくお待ちください。

今回の「MOON GUNDAM MECHANICAL WORKS」はまさかの戦艦枠でした・・・

ユニコーンガンダムのときもゼネラルレビルの解説もあったので、妥当なんですが正直ちょっと悲しい・・・

そんな訳で今月号のガンダムエース はみなさん試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル目当てでのご購入ですかね(笑)

雑誌付録のガンプラは基本的に後でプレミアが付くパターンがほとんどです。

お早目の購入をお勧めします。

それでは・・・

次回を待て!!



スポンサードリンク





関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク