MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 胸部改造編「逃げ回りゃ死にはしない」

前回から1週間のご無沙汰ですm(_ _)m

そんな訳で?スタートしました MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 改造編です!!MGも需要は多いようで...

遅まきながら MG ガンダムF91 Ver2.0 改造は進めています・・・

そんな訳で前回の頭部に続いて本日は胸部の改造をしていきます!!

スポンサードリンク



その1:コックピット上面のディティールアップ

F91は胸部下側はダクト上になっている関係もあり、改造箇所は上面だけになります。

これがHGだったらダクトを掘り直して~とか多少なりともすることはあるのですが・・・

MGですとすでに2重構造になっていますしね(苦笑)

そんな訳でまずはコックピットハッチ上面の紺色の箇所を改造していきます。

頭部改造でもお見せしましたこの画像・・・

少々見にくいですが、この画像に合わせて改造していきます。

改造したのが下の画像(笑)

すでに横側も改造してしまっていますが(笑)真ん中を見てください。

プラバンでのディティールアップとスジ彫りの追加・及び段落ちモールドを追加しています。

・プラバンでのディティールアップ

まずはピンク色の矢印部に厚さ0.25mm 幅1mm×2mmのプラバンを横から1mmのところにセメントで貼り付けています。

今回はエバーグリーン製のプラバンを使っています。

・スジ彫りの追加

スジ彫りは写真に明記したサイズにて0.3mmのBMCタガネを用いて彫り込んでいます。

・段落ちモールド

プラバンでのディティールアップにて貼り付けたエバーグリーン製のプラバンが硬化したらプラバンとプラバンの間に0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りをします。

オレンジ色の線ですね。

その後オレンジ色の上の灰色部をデザインナイフでカンナがけをし段落ちモールドとしています。

スポンサードリンク



その2:胸部上面横部のディティールアップ

その1でも写っていましたが・・・

胸部側面上側をディティールアップしていきます。

・プラバン及びディティールアップパーツ追加

まずは赤矢印部ですね。

これはコトブキヤ P125 角モールド II の「2」を

1.0mmのプラバンに貼り付けたものをキットに接着しています。

コトブキヤ P125 角モールド II の「2」を1.0mmのプラバンに貼り付け、プラバンの側面を1周り大きめにカット後ディティールアップパーツに合わせて斜めにヤスリがけをしています。

・スジ彫りの追加

緑線の箇所ですね。カドから2mmのところに0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その3:ダクト部ディティールアップパーツ追加

これもその1・その2の写真を良く見ていただけると分かるのですが(笑)

胸部側面のダクト内にディティールアップパーツを貼り付けています。

貼り付けたのはコトブキヤ P125 角モールド II の「12」となります。

Ver.Kaの画稿ではこのようなディティールが存在するため、今回はコチラのディティールを採用してみました。

以上にて胸部の改造は完了となります。

改造箇所自体はさほど多くありませんが、HGと比べてプラバンを削り込んだりといった正直いつもより面倒くさい作業が増えていると思います(苦笑)

これはサイズは1/144→1/100へとサイズアップしたことによりただプラバンを切っただけだと間延びしてしまってキットが締まらなくなるためです。

1/144のサイズですと、そこまでこだわらなくても正直気を付けてみないと分からないようなディティールも1/100では目立ってしまいます。

この辺りを意識して改造していくと良いものが出来てくると思います。

まぁ、それによりいつもより時間がかかってしまうのも事実ですが(汗)

そんな感じで少々お時間を頂きながら改造進めていきます。

いつも通りお次は腰部を改造していきます。

今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク