HGBD セラヴィーガンダムシェヘラザード 腕部改造編「万死に値する!セラヴィーッッ!!」

またまた日付が空いてしまいましたが(汗)

HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード 改造続けていきます。

今日は腕部を改造していきます。



スポンサードリンク





その1:肩部ディティールアップパーツ

まずは肩部から改造していきます。

セラヴィーガンダムシェヘラザードの肩部は結構すっきりした形状になっています。

上から見ると特に顕著ですね・・・

ですのでまずは上面部にプラバンを貼り付けていきます。

今回はエバーグリーン製のプラバンを貼り付けています。

サイズは厚さ:1.0mm 幅:1.5mmのものを3mmにカットして使用しています。

上の写真ですね。

片肩2個ずつの計4個貼り付けています。

これによりあっさりした印象を回避しています。

お次は肩部外側に1.0mmのメタルボールを埋め込みます。

上の写真ですね。

1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、1.0mmのメタルボールを埋め込んでいます。

もちろん後ろ側にも追加しています。

お次は肩横側にバーニアパーツを追加していきます。

セラヴィーガンダムシェヘラザードの肩部を横から見ると結構情けないというかスッキリしすぎている感じなんですよね・・・

昔のHGってこんな感じだったなぁって思いました(笑)

ココにはコトブキヤ P104 ダクトノズル の「3」を貼り付けます。

上の写真のようになれば作業完了です。



スポンサードリンク





その2:上腕部パーティングライン消し

上腕と言いますか、肩部ですかね?

ポリキャップ隠しのパーツにデカデカとパーティングラインが入っています。

・・・同じような写真が続いてますね(苦笑)

ココはペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてキレイに磨きましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになればOKです。



スポンサードリンク





その3:下腕部ディティールアップ

ココは通常のセラヴィーガンダムと同じパーツですね。

ココは少々ディティールが物足りないのでスジ彫り + メタルパーツの埋め込みでディティールアップを目指します。

上の写真のように0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りをしていきます。

合わせて甲部に2.0mmのメタルパイプを埋め込んでいます。

2.1mmのピンバイスで開口後、面取りビットにて縁を削ってから埋め込んでいます。



スポンサードリンク





その4:手部追加

個人的な思い込みですが、天才肌のキャラって左利きなイメージがあるんですよねぇ~

(そういうの無いですか?)

シャフリヤールもそういった感じのキャラですので、今回は左利きとイメージして作成していきたいと思います。

GNを左手に持たせるために右手には平手を追加しています。

追加するパーツは ビルダーズパーツ MSハンドのジオン系のものを使用します。

手のパーツは最低でも平手が無いとポーズが決まらないですよねぇ・・・

コチラが付属の持ち手

コチラが平手

一目瞭然ですね!!

改造というほどのことでは無いんですが、自分がカッコイイと思うポーズに対して必要な手法と言う意味では簡単にこういったパーツが手に入るようになった今は素晴らしいです!!

(もう少し再販増やしてくれるとありがたい・・・)

そんな訳で腕部の改造も完了です!!

完成がだいぶ近づいてきました~

この調子で完成まで頑張っていきたいと思います!!

それでは・・・

次回を待て!!



スポンサードリンク





関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク