HGUC 1/144 ガルバルディβ ⇒ ガズL・グラウ 胸部改造編

それでは、少しお時間空きましたがガズL・グラウ 改造編!!

今回は胸部の改造です!!

・・・が!!

その前に少々頭部の追加改造を行います。


スポンサードリンク




その1:モノアイ接続方法変更

前回作成したガズL・グラウの頭部モノアイですが・・・

作成しといてなんですが(笑)

少々前に出すぎていてカッチョワルイ感じに見えます・・・・

ですので、モノアイ基部を取っ払ってモノアイを少々奥にしてみました。

今までは下の写真の右側のグレーのパーツにモノアイを取り付けていましたが、それを外して

頭部の基部に直接モノアイを貼り付けています。

結構イケメンになったと思いますがいかがでしょうか?


スポンサードリンク




その2:スジ彫りの追加

ガズL・グラウとガルバルディβの胸部の大きな違いは胸部前面の凸モールド部ですね。

この部分の改造に入る前に、上に少々存在するスジ彫りを追加してしまいましょう。

上の写真の赤線部は0.3mmのBMCタガネにて、青線部は1.0mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。


スポンサードリンク




その3:凸モールドの追加

ガズL・グラウ胸部のメインディッシュですね(笑)

通常のガズLはエングレービングされていましたが、ガズL・グラウは凸モールドにて差別化が図られています。

コレを下の写真の順番で作成して貼り付けていきます。

①の胸部左右の凸モールド及び②の中央部の凸モールドは0.5mmのプラバンにて作成します。

③の胸部中央横側の凸モールドを1.0mmのプラバンにて作成して貼り付けます。

ココだけ1.0mmのプラバンを使っているのは胸部左右にモールドが乗っかっている形状になっているため少しだけ大き目にしています。

他の箇所も1.0mmのプラバンで作成しても良かったのですが、少々浮いて見えてしまったため0.5mmのプラバンにて作成しています。

サイズは以下の写真のようにカットしています。

最後に中央部の〇モールドの下側に台形型のモールドを0.3mmのプラバンにて作成し貼り付ければ作業完了です。


スポンサードリンク




その4:中央部〇モールドディティールアップ

中央部の〇モールドはガルバルディβとほぼ同様なのですが、細かくディティールが追加されていますね。

まず〇が◎になっており、中心部にスジ彫りが入っています。

丸いパーツに2重丸のモールドを掘るのはかなり大変なので(汗)

ココはディティールアップパーツを用いて2重丸にしてしまいましょう。

コトブキヤ P110 丸ノズルLの「7」にハイキューパーツのレンズパーツをはめ込んでいます。レンズパーツはすでに廃版っぽいですね・・・・

センター部のスジ彫りは仮サフを吹いた状態で行いたいと思うので現状は保留としています。


スポンサードリンク




その5:メタルボール埋め込み

胸部下側に付いている?小型のバーニアっぽい箇所ですね。

今回はココをすべてメタルボールにしちゃいます!!

無駄にリッチです(笑)

方法はいつも通り1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、1.0mmのメタルボールを埋め込んでいます。

以上にて胸部の改造は完了です。

改造箇所は少なめですね。

しっかりとプラバンをカットしてデザインを合わせていけば問題無く出来上がると思いますのでチャレンジしてみてください!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク