HGUC ガンダムピクシー 上半身改造編「とことん付き合うしか無さそうだな。」

さて、頭部改造からお久しぶりの登場のHGUCガンダムピクシーです・・・

他のキットの作成により大分遅れてしまっていますが、ピクシーの裏でチマチマと弄っておりました。

ですので、ピクシーはすでに改造の終わった頭部と・・

発表されてから大人気の機体 HGUCガンダムピクシーです!!さっそくこの機体も改造を初めていきます!!まずはいつも通...

上半身・下半身の計3回にてすべての改造を完了させていきます!!

今回は上半身と言うことで胸部と腕部の改造を行っていきます!!

スポンサードリンク



その1:首部肉抜き穴埋め

ピクシーの首部は汎用のポリキャップでは無く専用の首パーツとなっています。

・・・が!!

HG特有の裏側にぽっかりと肉抜き穴が空いた仕様です(泣)

ココはしっかりとエポキシパテにて埋めてしまいましょう。

エポキシパテにて埋め、エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて胸部上面をキレイにならしてしまいます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

この時に、エポキシパテがちゃんと埋まっていなかったら再度エポキシパテで埋めるか、小さな隙間だったらアルテコ瞬間接着パテで埋めてしまうと楽に処理できます。

アルテコ瞬間接着パテが硬化したら再度ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイにならしてしまいます。

表面がキレイになったら今度はペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてツルツルになるまで磨きます。

上の写真のようになればOKです。

スポンサードリンク



その2:胸部合わせ目消し

お次は胸部の合わせ目消しを行います。

胸部は前後の挟み込み方式となっているため下の写真の箇所に合わせ目が出てしまっています。

ピクシーは機体がスッキリとしたデザインのため結構目立ちます。

幸い腰や首部との接続を後ハメ加工しなくても問題無い作りなので簡単に合わせ目消しをしてしまいます。

今回パーツをばらした状態の写真を撮り忘れてしまったため(スミマセン)やり方のみの説明となります。

①合わせ目を消す箇所にたっぷりとセメントを塗ります。

②そのまま30秒~1分程度放置したらパーツ同士をくっつけます。

③この時プラスチックが溶けてムニュっとはみ出して来たらOKです。

(もしはみ出してこなかった場合は①から再度やり直してみてください。)

④そのまま1日程度放置してセメントが硬化するのを待ちます。

⑤セメントが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてヤスリがけします。

⑥合わせ目が消えたらペンサンダーにNo.800のヤスリを付け直してキレイに磨きます。

スポンサードリンク



その3:胸部上面のディティールアップ

個人的に今回のピクシーで最も気に入らない箇所です・・・

左右の突起含めて作りが雑な感じがするんですよね・・・

そんな訳ですべて作り直してしまいます(笑)

ペンサンダーにNo.400→No.800のヤスリを付けて胸部上面をキレイにならし、その後、下の写真のようにプラバンとBMCタガネを用いてディティールを復活+追加していきます。

赤線の箇所は0.5mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加・修正しています。

青矢印の箇所はエバーグリーン製の厚さ:0.25mm 幅:1.0mmのプラバンを2mmにカットして貼り付けています。

緑矢印の箇所は同様のプラバンを3mmにカットして貼り付けています。

紫矢印の箇所は1.0mmのプラバンを縦:5mm 横:2mmにカットしたものをダイヤ型にカットしています。

中心に向けて三角形になるように端をヤスリがけにて薄くしていますが、分かるでしょうか?

スポンサードリンク



その4:腰部メタルパーツ埋め込み

ココは簡単に1.0mmのメタルボールを埋め込んでいきます。

1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、メタルパーツを埋め込んでいます。

スポンサードリンク



その5:肩部ディティールアップ

ピクシーの肩部は少々デザインが簡単すぎる感があるのでコチラも簡単ではありますが、少しだけディティールを追加していきます。

まずは赤矢印の箇所にエバーグリーン製のプラバン 厚さ:0.75mm 幅:1mmのモノを4mmにカットして貼り付けています。

青矢印の箇所はその3同様にエバーグリーン製の厚さ:0.25mm 幅:1.0mmのプラバンを3mmにカットして貼り付けています。

お次は横側です。

ココは前後の接続軸が見えてしまっているためディティールアップパーツを用いて接続軸を見えなくしています。

今回はコトブキヤ P104 ダクトノズル の「3」を緑矢印の箇所に貼り付けています。

スポンサードリンク



その6:上腕部メタルボール埋め込み

ココはその4の腰部と同様ですね。

1.0mmのメタルボールを埋め込んでアクセントとしています。

もちろん内側にも貼り付けます。

その7:下腕部スジ彫りの掘り直し

下腕のホワイトのパーツには小さいですがディティールが入っています。

ちょっと小さすぎる気がするので、ココを掘り直して少し太めにしてしまいます。

今回は1.0mmのBMCタガネにて掘り直しています。

どうでしょうか?

コチラの方がハッキリとして見栄えが良くなったかと思います。

スポンサードリンク



その8:手部ディティールアップパーツに変更

レビュー時には陸戦型GMに付属していた手甲が付いていない平手をそのまま使っていましたが(笑)

前回開封の儀を行った HGUC 1/144 ガンダムピクシーお値段 2,160円(税込)となっております。・・・この...

さすがにそのままではアレなので、MSハンド01を使用して平手を追加てしています。

少々径が小さいようなので瞬間接着剤でボールジョイント部を太らせてやると良いと思います。

以上にて上半身は作業完了となります!!

あまり多くないと言いつつ、それなりの量があったため(苦笑)すこし駆け足でしたが、大きな改造はしていないため1日2日くらいあれば作業完了できるかと思います。

胸部上面に多少時間がかかるくらいだと思います。

下半身も同様くらいの改造を行い、作業完了となりますので次の記事まで今しばらくお待ちください(1日2日くらいで終わると思います・・)

それでは・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク