HGUC ガンダムピクシー 下半身改造編「さぁ来い!まとめて相手してやるぜ!」

少々お待たせしてしまってスミマセンm(_ _)

お約束通りHGUC 1/144 ガンダムピクシー

・頭部

発表されてから大人気の機体 HGUCガンダムピクシーです!!さっそくこの機体も改造を初めていきます!!まずはいつも通...

・上半身

さて、頭部改造からお久しぶりの登場のHGUCガンダムピクシーです・・・他のキットの作成により大分遅れてしまっていますが、ピク...

に続き今回の下半身(+90mmサブ・マシンガン)の計3回にてすべての改造を完了させてます!!

それではさっそく改造していきましょう。


スポンサードリンク




その1:腰部フロントアーマーのディティールアップ

まずは腰部のフロントアーマーからディティールアップしていきます。

赤矢印部は0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。

青矢印の箇所はエバーグリーン製の厚さ:0.25mm 幅:1.0mmのプラバンを3mmにカットして貼り付けています。

緑矢印部はコの字に0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りをした後に内部をデザインナイフでカンナがけをして段落ちモールドとして処理しています。

上の写真のように矢印の方向にデザインナイフを動かしてカンナがけをします。

最後に紫矢印部に2.0mmのメタルパイプをはめ込みます。

2.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、2.0mmのメタルパイプを埋め込んでいます。


スポンサードリンク




その2:腰部ウラ面の肉抜き穴埋め

ピクシーの腰部フロントスカートとリアスカートの裏側は肉抜き穴としてポッカリ穴が空いています。

ですので、ココはエポキシパテにて埋めてついでに内部フレーム的なモールドを追加しています。

肉抜き穴にエポキシパテを詰めた後は1日程度放置してエポキシパテを硬化させます。

エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイにならしてしまいます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

この時に、エポキシパテがちゃんと埋まっていなかったら再度エポキシパテで埋めるか、小さな隙間だったらアルテコ瞬間接着パテで埋めてしまうと楽に処理できます。

アルテコ瞬間接着パテが硬化したら再度ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイにならしてしまいます。

表面がキレイになったら今度はペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてツルツルになるまで磨きます。

その後、下の写真のように0.3mmのBMCタガネと1.0mmのピンバイスにて簡単ですがディティールを入れれば作業完了です。


スポンサードリンク




その3:腿部メタルパーツ埋め込み

腿部のサイド部に1.0mmのメタルボールを埋め込んでいきます。

1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、メタルパーツを埋め込んでいます。

右足2個・左足2個の計4個を埋め込めば作業完了です。


スポンサードリンク




その4:脛部・アンクルガード開口処理

今回は脛部の台形型のディティールとアンクルガードの楕円系のモールドを開口していこうと思います。

MGだったらココは確実に開口されているであろう箇所ですので(笑)

やり方は意外と簡単で、

上の写真の赤〇の箇所を1.0mmのピンバイスで開口します。

開口したらニッパーで穴同士をカットします。

その後、内側をディティールに沿ってデザインナイフで削っていけば作業完了です。

デザインナイフでの削りも内側を削るので手を切る心配もほとんど無いと思いますので、結構安心して改造できる箇所でもあります。


スポンサードリンク




その5:ふくらはぎ部メタルパイプ埋め込み

ふくらはぎ部にあるディティールに2.0mmのメタルパイプを埋め込んでスラスター感を出しています。

左側がメタルパイプ埋め込み後、右側が埋め込み前ですね。

その6:足裏部肉抜き穴埋め

ピクシーの足裏は少しですが肉抜き穴が存在します。

赤矢印部はエポキシパテにて、青矢印部は0.5mmのプラバンを1mm×2mmのサイズにカットしたものを貼り付けて埋めています。


スポンサードリンク




その7:90mmサブ・マシンガンディティールアップ

まずは合わせ目消しを行いましょう。

HGですので(笑)90mmサブ・マシンガンはモナカな構造になっています。

ですので、下の写真の赤線部にセメントをたっぷり塗ります。

そのまま30秒~1分程度放置したらパーツをくっつけます。

プラスチックが溶けて下の写真のようにはみ出してくればOKです。

もしはみ出してこないようでしたら、再度セメントをたっぷり塗るところからやり直しましょう。

このまま1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.400→No.800の順でヤスリを付けてツルツルになるまで磨きます。

最後に銃口部を2.1mmのピンバイスで開口して2.0mmのメタルパイプを埋め込んだら作業完了です。

以上にて

HGUC 1/144 ガンダムピクシーの改造はすべて完了です。

この後、サフ→塗装→スミ入れ→デカール貼り→トップコート→メタルパーツ接着にて完成となります。

今からこれらの作業を行いますので明後日くらいには完成品をお見せできると思います。

完成品のお披露目まで今しばらくお待ちください。

それでは・・

次回を待て!!


スポンサードリンク




関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. カツヤ より:

    ウーンドウォートの時から写真と一致しないので見ていて違和感があったのですが、脛部と腿部の表記を間違えていませんか?
    今回台形の開口をしたのは脛部になると思うのですが、文章では腿部となっています

    • yoh0919 より:

      カツヤ様
      本当ですね・・・
      多分結構前から間違っている気がします(汗)
      少しずつ修正していきます。
      ご指摘ありがとうございました。

      • カツヤ より:

        いえいえ、こちらこそ何か細かいこと指摘してすいません。とても楽しく読ませていただいているので余計に気になってしまって…

        • yoh0919 より:

          こちらこそご指摘ありがとうございました。
          また、何か間違いがありましたらお気軽にご連絡よろしくお願いいたします。