フィギュアライズラボ ホシノフミナ [The Second Scene] レビュー

2019年08月22日 にプレバンより発送された

フィギュアライズラボ ホシノ・フミナ [The Second Scene]!!

・・・実際の発売日は2019年06月29日ですね。

とは言え、テンバイヤーのせいでしょうか・・・ほぼ一般には流通していない商品・・・

firstも

概ねプレミア価格です・・・・

そういった意味ではプレバンにて確実に購入できるのはウレシイ販売方法ですね!!

購入時サーバー落ちまくってましたが(笑)

少し遅くなりましたがレビューしていきたいと思います~

スポンサードリンク



外箱

プラモ・・・ていうよりもフィギュア用の箱のようですね。

裏側です。

上面です。

下面です。

側面です。

スポンサードリンク



説明書

ぺら紙一枚ですね。

裏側は単色です。

スポンサードリンク



ランナー

これがメインですね(笑)

Aランナー(右足)と Bランナー(左足と腰)です。

プラスチックが何層にも積層されています。

Cランナー(顔)です。

ココやっぱりすごいですねぇ~

裏側スゴイ・・・

Dランナー(アイ(目)とファスナー)です

目の作りはフィギュアライズと同様な感じですね。

Eランナー(髪の毛と水着)です。

F1ランナー(両腕)です。

腕は普通のプラモなんですね。

F2ランナー(水)と下側に付ける砂浜のシートです。

スポンサードリンク



キット

まずは8面をグルリと

アップです。

  

文字を入れて

スポンサードリンク



キット詳細

それでは細かく見ていきましょう。

●顔部

色分けはバッチリ、且つ何層にもなったプラスチックが塗装入らずのフィギュア感を出しています。

写真なんかで見るとあんまり似ていない感じがありましたが・・・

実物は思ったよりも似ている感じでした。

写真移りの悪い子です(笑)

但し、やっぱり他のフミナ先輩と比べるとあんまりって感じがしますね。

他のフミナ先輩と並べて・・・

個人的にはGGG>フィギュアライズバスト>フィギュアライズラボ>>HGBF ういにんぐふみな>>>>>HGBF すーぱーふみなって感じですね。

まだ改善の余地はありそうですよね!

●髪部

他のフミナセンパイやフィギュアライズ系のキットでもそうなのですが、やはり合わせ目や先端のシャープ感がイマイチですね・・・

フィギュアライズ系でココはかなりの課題だと思います。

もう少し何とかならないかなぁと・・・

●胸部・腰部

もう一つの重要ポイントです(笑)

中学生とは思えないグラマラスな体形をしっかりと再現しています。

・・・他のキットよりも少々控えめな感じもしますね。

水着部は光沢になっており、艶消しっぽい肌とのコントラストが良い感じです。

パンツ後ろのネコマークもパーツ分けにて再現されています。

●腕部

脇はかなり気合の入った作り(笑)

通常のプラ素材なので大きく見る場所は無いですね。

●脚部

本キットの売りである何層にも重なったプラスチックを見るには一番良いパーツですね。

ホントこれはスゴイと思います。

塗装でこういった質感を出そうと思ったらものすごく大変ですからねぇ~

写真だと分からないかな?

コチラもニッパー跡がパーティングラインが出てしまいます。

●水部

海辺を想定したベースですね。

結構キレイです。

ココも手抜きなく作られている感じがして好感度高いです。

下側に敷く砂浜パーツはちゃんと敷いた方が見栄えが良いと思います。

スポンサードリンク



作成について

作り自体は簡単ですので10分~15分程度で作れてしまうと思います。

パーツの組み付けが結構全体的にきつめなので破壊しないように注意が必要かもしれません。

また以外に大きいので出来上がっていく毎にビックリするかもしれませんね(笑)

大型のMG以上のサイズがありますので・・・

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は85点と言った感じです。

可愛さ       :85点

作りやすさ:95点

値段          :75点

遊びやすさ:85点

と言ったところです。

可愛さに関しては思いのほかではありますが、やはりあんまり似てないかなぁ~というのが大きいですね。

もちろん良く出来ているのではありますが、あくまでも良く出来ているってだけ・・・そんな感じです。

後は髪の毛の作りはもう少しなんとか頑張って欲しいところ。

体の造形は素晴らしいと思います。

作りやすさに関してはキットがキットですので(笑)

ちゃちゃっと作れます。

値段については・・・

同サイズのフィギュアと比べると格段に安い!!という声は聞こえますが、プラモとしては・・?って感じです。

基本的にほぼフィギュアは購入しないためプラモとして見ると少々高いかも?と思えてしまいます。

技術的にすごいことをしているのは分かるので±0かな?

あくまでフィギュアですので、ブンドドってものではないですね(笑)

造形物としてここから色々弄ぶには面白いキットだと思います。

成型色を生かして色々出来そうですね。

このキットに関しても少々やりたいことが有るので改造する予定ですが・・・・

記事として起こすかは少々微妙ですね。

それほど難しいことはしないつもりですし、地味な作業ばかりなので(笑)

作りながら決めていこうと思います。

お次にお会いするときは改造記事か完成記事か・・・・

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク