HGUC MS-08TX/S イフリート・シュナイド 完成 ハイディティールアップ(RE 1/100風) その2

HGUC 1/144 MS-08TX/S イフリート・シュナイド  ハイディティールアップ(RE 1/100風)

完成品 その2です。

前置きは少なくしてどんどん写真を見ていきましょう!!

まずはジャイアント・バズを構えて

ジャイアント・バズは二色に塗り分けています。

スコープ部はモノアイ同様にVCドームに置き換えています。

VCドームの光の拾いっぷりはスゴイですね!!

肩部のヒート・ダートが若干・・・かなり!!邪魔です!!!(笑)

HGUC  イフリート・シュナイドにはヒート・ダート持ち手以外にもジャイアント・バズ用の持ち手も別途付属するのが良いですね。

至れり尽くせりです。

今回は左手をビルドナックルズ丸の平手を追加使用しています。

平手があるとポーズにかなり幅が出ます。

ビルドナックルズに限らず気に入ったディティールアップパーツ(手)があれば購入してみることをオススメします。

VCドームがいい味を出しております。

ジャイアント・バズを構えた姿は見上げてもカッコイイですね。

ジオン系のモビルスーツがバズーカを空中で構える際はなぜかこのポーズがデフォルトな気がします・・・

シャアザクの影響ですかね?

まぁカッコイイんでOKです(笑)

それでは、ヒート・ダートを外して

ヒート・ダートの取り付け部も塗り分けしています。

ほぼ見えない部分ですが、ワンポイントとしては良いかと・・・

見上げてみました。

最近は自分の中でお気に入りなんですが、関節はかならず二色(薄灰色・濃灰色)で塗り分けております。

全身をぐるりと

ヒート・ダートを外すと大分印象が変わります。

これはこれでカッコイイんじゃないかなぁと思います。

今回の塗り分けですが、いつも通りガイアノーツを使用しております・・・が薄紫と濃紫の部分はかなりアドリブで作成しております。

使用した色は以下になりますが、割合は出来を見ながら・・・って感じでしたので、詳しいレシピ(%)は不明です。・・・スミマセン・・・・

1:白サフ

2:Ex-ホワイト

3:橙黄色

4:ラベンダー + ブライトレッド+Ex-ホワイト

5:ラベンダー + ブライトレッド+Ex-ホワイト + ナチュラルブラウン + Ex-ブラック

6:サフ

7:サフ ヘヴィ

8:ブライトシルバー

以上を使用して塗り分けております。

これにて HGUC 1/144 MS-08TX/S イフリート・シュナイド 完成品の紹介も完了となります。

その1でも書きましたが、上記の改造品はヤフオクに出品いたしております。

もし、お気に召していただければ入札をお願いいたします。

オークションは終了し、発送まで完了しております。

落札者様まことにありがとうございました。

さて、イフリート・シュナイドの次は HG IBO 1/144 ガンダム アスタロトリナシメント の改造を行っていきます。

鉄血シリーズはキットの出来がすさまじく良いので作成していて楽しいキットでもあります。

レビューでも書いたように1/100 フルメカニクス風に作っていきたいと思います。

HGIBO ガンダムアスタロトリナシメント が発売されました。 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 第2期 の主役機ですね。 さっそく...

7月末からはビルドファイターズ系のキットが大量に発売されてきます。

どれを作っていくか、悩みどころではありますが極力たくさん作成できればと思っております。

お楽しみいただければ幸いです。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク