HGUC R・ジャジャ (Twilight AXIS Ver.) レビュー 【愛しているよ・・・親子として・・・・】

2020年7月16日 にプラバンより発送が開始されたHGUC R・ジャジャ (Twilight AXIS Ver.)・・・

以前発売されたHGUC R・ジャジャの色変えキットになります。

お値段 2,090円(税込)となっております。

それではさっそくレビュー開始です!!

スポンサードリンク



外箱

残念ながらのプレバン特有一色刷りのパッケージ

側面です。

説明書

説明書は通常のR・ジャジャのモノが付属します。

色替えによる変更用の用紙がプラス一枚

スポンサードリンク



ランナー

A・Bランナーです。

C1・C2ランナーです。C1ランナーは色替えの影響で色違いが1枚ずつ付きますね。

Dランナーです。

E1・E2・Fランナーにクリアパーツ、ポリキャップにシールです。

スポンサードリンク



キット

まずは4面をグルリと

斜めからグルリと

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

スポンサードリンク



キット:劇中再現

それでは劇中の左肩アーマーが外れた状態にて4面をグルリと

斜めからグルリと

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

文字を入れて

正確には肩アーマー取り付け部の形状が劇中とは違いますね。

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを決めて何点か。

・・小娘がっ・・・

アルレットッ!!

すまん・・・待たせたようだな・・・

これだからニュータイプって奴は・・・

親っていうのは皆、自分の子の独り立ちを願ってるものだ

愛しているよ・・・親子として・・・・

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

首部は上下に30度くらいとかなり動きます。

左右も少し肩アーマーに当たりますが問題無く1周グルリと回りますね。

●胸部

胸部と腹部、腹部と腰部の2か所で稼働します。

前20度、後ろに30度程度曲がります。

左右は20度程度傾けられますね。

●腕部

肩部はあまり動かず80度くらいです。

肘部は120度、手首は一周グルリと20度くらいです。

●腰部

股関節部は180度近く開脚可能ですね。

サイドアーマーは高めに接続箇所があるため邪魔にはなりません。

足首は内側に20度、外側に30度程度ですね。

股関節は前は90度動きますが、後には30度くらいしか曲がりません。

リアスカートが固定式の影響ですね。

●脚部

膝部は120度程度ですね。

そのため片膝立ちは結構キビシイですね・・・

足首は前は30度、後ろは20度程度です。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色替えの影響でモノアイだけでなく周囲の黒い部分までシールとなってます・・・・

造形自体はイケメン度高めです。

トサカの後ろ側に肉抜き穴があるのが残念なところです。

●胸部・腰部

元々それなりにシールでの再現箇所がありましたが、トワイライトアクシズVer.はかなりシールでの再現箇所が増えています。

シールを使用しない状態ですと腰回りの色分けが結構違っています。

●腕部

色分けは問題無しですが・・・

胸部との接続箇所がやはりポロリしやすいですね。

ショルダーアーマーが重いためしょうがない箇所ではありますが、修正欲しかったですね。

手は左右武器持ち手の他に左平手が付属します。

●脚部

コチラも色分けはバッチリですね。

各部モールドもしっかりしており、脛部の複雑なモールドも合わせ目が出ないようにキレイに作られています。

足先端の凸モールドはシールでの再現なのも変わらず。

足裏は一部肉抜き穴があるHGいつもの仕様・・・

ココは何とかしてほしい所ですねぇ・・・

●バックパック

バーニアは別パーツにて色分け、元から単色なため問題無い作りですね。

●武器類

ヒート剣付きビームライフル・大型ビームサーベルが付属します。

劇中ではヒート剣付きビームライフルのみ使用でしたが、すべてのパーツが付属します。

スポンサードリンク



作成について

それなりに最近のキットですので難しいと言うことは無いと思います。

肩部スラスターの取り付けが少々難しいかもしれませんが、難しい箇所はそのくらいですね。

ワタシはすでに3回目の作成のため1時間かからずに作れました。

普通に作っても1時間半あれば作れると思います。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は83点と言った感じです。

カッコよさ:90点

作りやすさ:85点

値段          :80点

遊びやすさ:80点

と言ったところです。

カッコよさに関しては元々のR・ジャジャと同様 + 配色の関係で少し点数上げています。

トワイライトアクシズが結構好きだってのもあります(笑)

戦闘シーンはほぼ無いに等しい機体でしたが、アルレットとのやり取りは印象深いです。

作りやすさに関しては元々のR・ジャジャがしっかりと考えられて作られていたため、作りやすいキットです。

説明書も分かりやすく、分かりづらい箇所はほぼ無いと思います。

先ほども書いたようにあえて言うならば肩部スラスターの取り付けくらいですね。

値段については

値段は通常のR・ジャジャ同様のため今目線で見ると若干お安めに感じられますが、プレバンの送料はどうにかならないものか・・・そこだけがネックですね。

ブンドドに関しては

胸部と腕部の接続部のポロリは変わらずしやすいです・・・

ココは少々イライラしますね。

全体的に大型のキットのためすっぽ抜けが無いわけでは無いですが、胸部と腕部の接続以外はカッチリした作りとなっていますので、ポーズは取らせやすいと思います。

これで3体目となったR・ジャジャ シリーズ・・・

最初に発売されたR・ギャギャからの流用+新規パーツなのはR・ジャジャと同様です。

個人的にアルス・ジャジャも作っているため

機動戦士ムーンガンダム系改造機 第6弾 HGUC アルス・ジャジャ!! 遂に完成です!! かなりサクサクと改造出来ました...

これで計4体目のR・ジャジャです。

意外と展開が長めになってきている感じのムーンガンダムですが、アルス・ジャジャの発売はいつになるのか・・・・

楽しみです!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク