HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 【ガンダムAGE-1 レイザー】胸部改造編

HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 改造 レイザー側の第2回目です。

前回の頭部改造に続き

プレバンより2022/03/15 に発送されたHG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット・・・...

胸部改造を行います。

ココまではAGE-1 ベーシック同様の改造になるためある意味流用可能ですね。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:胸部 スジボリ追加

HG ガンダムAGE-1 はかなり出来が良く胸部のみで言えば形状的にはMGとそれほど変わらいくらい良く出来たパーツです。

塗り分けが必要な箇所が少しあるくらいで概ねしっかりとした作りです。

足りないディテールとして胸部中央の「A」マークを囲うホワイトのパーツ周囲にグルリと0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを追加します。

上記のようにスジボリを入れればOKです。

スジボリを入れる際は全体的にペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて丁寧に磨いておくと良いと思います。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

その後、パーツを洗浄しスジボリを上記のように追加してからペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばよりキレイに仕上がると思います。

合わせ目ダクト部周囲にある段落ち部も0.5㎜のBMCタガネにてスジボリを行いMG風に太めにしています。

スポンサードリンク



その2:ダクト部安全対策カット

お次はダクト部に出てしまっている安全対策?を削除します。

HGだからですかね?

ダクト中央部はしっかりと隙間が出来ているのですが外側がつながってしまっているためもったいない作りです。

ココはエッチングソーにてカットしておきましょう。

カット面は紙やすりにて磨いてツライチにツルツルにしておくと良いですね。

より見栄えが良くなります。

スポンサードリンク



その3:肩部 ディティールアップ

肩部取り付け部のディテールがMGに比べ少々少ないですね。

ココは0.5㎜のプラバンを貼り付けてディテール追加します。

下記の形状にカットしたプラバンを肩との取り付け部にタミヤセメントにて貼り付け・・・

1日程度放置してしっかりと接着したらはみ出した不要な部分をペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて丁寧にツライチに磨いていきます。

上記写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

イイ感じにディテール増えました。

また、背中のウイング部にガッツリパーティングラインが出ているためコチラも合わせて処理し、各部面出ししておくと良いと思います。

次回からはレイザー特有のパーツが出てきます・・・

しっかりと改造進めていきましょう~

【2022/03/30】

腰部改造開始しました!!

HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 改造 ガンダムAGE-1レイザー 第3回目で...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク