RE/100 ガンダムMk-III レビュー

2015年01月24日にRE/100 第2段としてガンダムMk-IIIが発売されました!!

お値段 3,850円(税込)となっております。

それではさっそくレビュー開始です~

スポンサードリンク



外箱

RE/100準拠のパッケージです。

側面です。

説明書

コチラもRE/100準拠準拠のモノです。

スポンサードリンク



外箱

RE/100準拠のパッケージです。

側面です。

ランナー

Aランナーです。

Bランナーです。

Cランナーは2枚ですね。

Dランナーです。

Eランナーも2枚です。

ポリキャップにビームサーベル・シール類です。

スポンサードリンク



本体

それでは本体をグルリと。

斜めから4面を

カトキ立ちにて

あおり目に

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ

それではポーズを決めて何点か

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

後頭部の形状の関係でそれほどは動きませんね。

上30度 下10度程度です。

左右は一周グルリと回ります。

●胸部

後は10度程度ですが・・・

前は30度くらいと良く曲がります。

左右も優秀で45度くらい傾けられます。

●腕部

肩部で100度、肘部で130度、手首はグルリと10度程度とRE/100としては少々不満足な可動域・・・

形状的にしょうがないのですかね?

肩部は前方に45度程度引き出せます。

●腰部・脚部

股関節は左右180度開きます。

足首は左右45度程度と結構曲がります。

前後も90度以上開きます。

足首は前30度、後45度と十分ですね。

もちろん片膝立も簡単です。

バックパックは肩部ビームキャノンはボールジョイント接続により結構動きますが、バックパックと干渉が大きいですね。

バックパックのバインダーは上下別々に稼働します。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

かなりのイケメンです・・・

色分けもバッチリです。

●胸部・腰部

コチラもしっかりと色分けされていますね。

胸部上面のセンサーはクリアパーツにシールを貼る形式ですがこれはしょうがないかな?

●腕部

コチラも色分け・形状ともしっかりと出来ています。

ハンドパーツは武器持ち手・平手・握り手が左右付きます。

銃持ち手が付かないのが惜しいですね。

●脚部

色分け・造形ともに完璧ですね。

●武器類

ビームライフルにシールドにビームサーベルです。

ビームサーベルはシールドに取り付ける珍しい方式ですね。

スポンサードリンク



作成

すっきりした機体と言うこともあり、作成自体は簡単ですね。

2時間程度で作成可能でした。

RE/100シリーズはなぜか一部にアンダーゲートが使われていることが多いのが不思議です・・・

全体に使われているならまだ分かるのですが、一部だけってのが?

この辺りが作成に少し時間が掛かるところですね。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は85点です。

カッコよさ:95点

作りやすさ:85点

値段          :75点

遊びやすさ:85点

と言ったところです。

全体的に良く出来たキットです。

カッコよさは今まで発表されているMk-Ⅲの良いとこ取りなカッコよさです。

かなりのイケメンっぷりを発揮しています。

設定画だともっと顎が大きくてバランス悪い感じでしたからねぇ~

改善されています!!

作りやすさに関してはかなりのモノですね。

上記していますが、アンダーゲートの箇所が散見しているのでその辺りが少々手間ではあります。

値段に関してはキットのボリュームに比べると少々高めかな?とは思います。

大きめのキットであるために仕方がないんですかねぇ?

ブンドドに関してはガシガシ動かして遊べるキットですね。

重さのせいか若干バックパックが外れやすい感じですが、個体差があるかもしれません。

以上、RE/100 1/100 MSF-007 ガンダムMk-III  レビューでした!!

こういったある程度人気があってもマイナーな機体はMGなんかでは望み薄だったことを考えるとRE/100は素晴らしいシリーズだと思えますね!!

この調子でガンガンマイナーキットを出していってもらいたいものです。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク