HGBD:R ネプテイトガンダム 【ネプテイトユニット & ネプテイトウェポンズ】 レビュー開始!! 【オレも好きだよ】

2020年07月18日 に発売された

HGBD:R ネプテイトユニット

および同じくHGBD:R ネプテイトウェポンズのレビューになります!!

HGBD:R ネプテイトユニットは定価:990円(税込)

HGBD:R ネプテイトウェポンズは定価:770円(税込) となります。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2期、最終(多分)主人公機再現のためのユニットです!!

さっそくレビュー開始です~

スポンサードリンク



外箱

まずはネプテイトユニット のパッケージです。

側面です。

お次はネプテイトウェポンズのパッケージです。

側面です。

スポンサードリンク



説明書

こちらもまずはネプテイトユニットの説明書です。

お次はネプテイトウェポンズの説明書です。

スポンサードリンク



ランナー

こちらもネプテイトユニットのランナーを

Bランナーです。

D・F1・H1・I1ランナーにシールです。

お次はネプテイトウェポンズのランナーを

H2・H3ランナーです。

I2・I3ランナーにシールは同一のものが2セットです。

スポンサードリンク



キット:ネプテイトガンダム

まずはネプテイトユニット & ネプテイトウェポンズをコアガンダムⅡに装着し四面をグルリと

お次は斜めからグルリと

カトキ立ちにて

あおり目で

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



キット:ネプチューンユニット

お次はネプチューンユニット状態にて四面をグルリと

 

お次は斜めからグルリと

上からです。

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを決めて何点か

オレも好きだよ

なぜだ・・なんで・・君は・・オレは・・君を・・・オレはッ!!

オレは・・オレは・・最低の・・・

その・・・ありがとう・・・

スポンサードリンク



可動範囲

首部は上30度、下側は10度くらいと標準的ですね。

左右は問題無く一周グルリと回ります。

●胸部

ベースの作りがコアガンダムのため腰部とのつなぎ目がボールジョイント可動域なところ以外可動域が無いため前後左右ほぼ動きません。

●腕部

肩部で90度、肘部は180度、手首はグルリと20度程度とHG標準な可動範囲です。

腕部追加装甲とビームガンは干渉が大きいためポロリしやすいですね・・・

●腰部・足部

左右はほぼ180度開きますが、前後はリアアーマーとヴォワチュール・リュミエールのが追加される関係で後ろは逃がしながら上げて45度程度です。

足首は前45度、後ろ90度、左右90度と良く曲がります。

●脚部

膝は160度以上曲がるので片膝立ちも問題無しです。

●バックパック

ヴォワチュール・リュミエールが接続します。

各部を展開し

腕部のビームガンと接続することでヴォワチュール・リュミエール発動形態になります。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

アンテナ部が新規パーツとなります。

●胸部・腰部

コチラはユーラヴェンガンダムの色違いですね。

●腕部

肩部外側・ビームガンが新規ですね。

武器握り手と平手が付いてきます。

●脚部

足部・ヒザ部・スネ外側が新規パーツです。

ベースはユーラヴェンガンダム同様ですね。

フェイクニューガンダムと違い足裏は肉抜き穴少なめです。

●ビームガン

ココに限ったことでは無いですがシール多めな作りです。

イエロー部はすべてシールでの再現ですね。

値段的にココは残念ですね。

スポンサードリンク



作成について

追加パーツと言うこともあり、作成は簡単ですね。

両方合わせても30分かからず作れました。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は82点と言った感じです。

カッコよさ:85点

作りやすさ:95点

値段          :70点

遊びやすさ:80点

と言ったところです。

カッコよさに関してはヴォワチュール・リュミエールがイイ感じです。

説明書を見るとネプテイトは特殊巡航仕様ということで、エルドラから地球に帰ってくるのかまたは地球からエルドラへ行くのか・・・

どちらにしても幼馴染の勝ち目は無い気がするユニットです・・・

作りやすさに関しては先ほども書いていますが、追加ユニットと言うこともあり、サクッと作れます。

追加ユニットを買う人で大変と思うことは無いでしょう。

値段については・・・

これはどうしても高いかな~って感じはします。

ユニット・ウェポン両方買うとHG1体くらいの値段になるのにベースキットは別売りですので・・・

ブンドドに関しては結構取り扱いが難しいですね・・・

特に腕部ビームガンはかなり干渉がひどく腕部を動かそうとすると腕部追加パーツがポロリしやすいです。

接着しちゃうとビームガンが壊れそうですし、ちょっとポージングに注意がいる感じですね。

ヴォワチュール・リュミエールとの接続も取り外しで破損が少々怖い感じです。

以上!!

HGBD:R ネプテイトユニット

および同じくHGBD:R ネプテイトウェポンズのレビューでした!!

多くの方が予想されていたように惑星航行間仕様のようですね。

場合によっては最終話Cパートのみの登場もあり得そうなのが怖いところ(汗)

とは言え印象的なシーンになるのは間違いなさそうな機体なので、登場を楽しみにしたいところです。

追加キットと言うこともあり、コイツもサクッと仕上げていきたいと思います!!

基本的には武器も無い機体なので、2回くらいで終わらせたいとは思っています。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク