HGUC ディキトゥス (光のカリスト専用機) → HGUC ディキトゥス (闇のカリスト専用機) 頭部改造編 【正しくなければならなかったのだ!正しければ!正しければ!】

それではHGUC ディキトゥス (光のカリスト専用機) → HGUC ディキトゥス (闇のカリスト専用機)改造・・・

今回は頭部を改造していきます!!

ここがメインの改造どころとなるため少々難しい改造ですが、手順通り作業していけば、何とかなると思います。

さっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:頭部・メガ粒子砲位置入れ替え

最初にして最大の山場です!

闇のカリスト専用機との大きな違いですね。

そのままですと頭部及びメガ粒子砲の位置が逆です。

改造開始時にも書いているように残念ながら入れ替えるだけでは側面に隙間ができる

かつ内側は一部邪魔になって対応できないため一部削ったり、パテで追加したりで形状を変更していきます。

内側になる元々外側だった箇所が邪魔になるため、エッチングソーにて以下の箇所をカットしていきます。

元々内側だった箇所を参考に同じような形状になるようにカットしていくとそれっぽくカットできます。

こうすることで頭部をしっかり奥まで差し込めるようになり、正面から見るとそれっぽくなります。

ここからは出来てしまった隙間をエポキシパテにて埋めていきます。

まずは胴体部にエポキシパテが密着してしまわないようにマスキングテープを貼り付けます。

差し込み口(赤斜線部)はデザインナイフでカットします。

ココにメンタムを塗って剥離剤替わりとします。

マスキングテープを貼らずに直接胴体にメンタムを塗っても良いのですが、少なからずエポキシパテにて浸食されてしまうため極力それを避けるためにマスキングテープを貼っています。

先ほどカットした頭部及びメガ粒子砲隙間にエポキシパテを埋込ながら頭部を接続します。

エポキシパテを使うときは使い捨てのビニール手袋などを使って作業しましょう。

素手で作業すると手に付いたべたつきが1日くらい落ちないですし、皮膚の弱い方だとかぶれたりしますので注意してください。

エポパテは最初ザックリと盛り付けて、頭部及びメガ粒子砲を差し込んで押し付けた後に綿棒に水を含ませたもので形状を整えていくと良いと思います。

この状態になったら2~3時間放置し、ある程度硬化したらデザインナイフで確実に要らない箇所を除去しておくと後でのヤスリがけが簡単になります。

デザインナイフでカットする際にデザインナイフ側にエポパテがくっついてくるようだとまだ固まり具合が甘いので、さらに待ってから作業してください。

デザインナイフでサクサクカットできるくらいの固さで除去しておきましょう。

そのまま1日程度放置し、エポパテが完全に硬化したらパーツをはがします。

かなり固いため壊さないように注意しながらはがしてください。

パーツがはがせたらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて形状を整えていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のように形状が整ったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

これにて最大の難関である頭部・メガ粒子砲の入れ替えが完了しました!

スポンサードリンク



その2:モノアイ部 VCドーム埋込

ディキトゥスのモノアイ部は内側にシールを貼り付ける方式です。

ココはVCドーム + メタルプレートを貼り付けてディティールアップしましょう。

1.0㎜のVCドームとそれ用のメタルプレートを樹脂製の接着剤にて張り付ければOKです。

メタルプレートとVCドームも同様に樹脂製の接着剤でくっつけます。

キットとメタルプレートは塗装後に接着しますので無くさないように保管しておいてください。

スポンサードリンク



その3:メガ粒子砲 ディティールアップ

メガ粒子砲も同様にVCドーム + メタルプレートに置き換えても良いのですが今回はライトアップするためにミライト 316Rを埋込ます。

イイ感じにライトアップしています。

やり方は簡単で半球状のパーツを取り付けるポリキャップ及び基部を3.0㎜のピンバイスで開口するのみです。

そこにミライトを差し込み、半球状のパーツを取り付ければOKです。

サイズ的にもうまいこと収まります。

改造箇所が内部だけなので通常のメガ粒子砲用パーツもそのまま取り付けられます。

差し替えにてエフェクトも取り付けられますね。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

最初に書きましたが、今回の改造はHGUC ディキトゥス (光のカリスト専用機) → HGUC ディキトゥス (闇のカリスト専用機) への改造でもっとも難しい箇所です。

頭部とメガ粒子砲への入れ替えはかなり大変だと思いますのであまり改造されたことの無い方はここだけに注力して失敗しても最初からやり直すくらいの気持ちで行った方が良いと思います。

コツとしてはメンタムをケチらずたくさん塗る + エポキシパテも多めに盛っておくことですね。

はがすときにエポキシパテが薄い箇所やメンタムが足りない箇所は壊れてしまうことがあるため、その辺に注意してやると良いと思います。

さて、それでは残りの改造はさほど難しくないためサクッと終わらせていきましょう!

後2回くらいあれば完成できるかな?

【2020/08/28】

腕部改造開始しました!!

HGUC ディキトゥス (光のカリスト専用機) → HGUC ディキトゥス (闇のカリスト専用機)改造第2回目ですね。 レビュ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク