Figure-rise Standard ULTRAMAN[B TYPE] → [A TYPE] 完成

結構サクッと改造完了のFigure-rise Standard ULTRAMAN[B TYPE] (ウルトラマン[B TYPE]) → [A TYPE] です。

普段あまりプラモデル化されないウルトラマン系と言うこともあり、なるべく簡単な改造にて[B TYPE]から[A TYPE]へ改造していきました。

大きく違う箇所は腹部のみでしたが、塗装時に結構色が変わったので、完成品の見栄えはそれなりに変化があると思います。

さっそく改造品を見ていきましょう!!

スポンサードリンク




まずは4面をグルリと

カトキ立ちにて

アップです

文字を入れて


スポンサードリンク



見ていただければ分かるようにLED点灯状態にて写真を撮っています。

ですので、カラータイマーレッド状態も・・・

コチラも文字を入れて


スポンサードリンク




それではポーズを決めて何点か

まずは説明書風にて

マルス133改はやはり重めですね。

銃口のメタルパーツとデカールで単調さを回避しています。

意外とこのポーズ似合いますよね。

スペシウムブレードを発振状態にして

スペシウム光線発射状態で・・・グラデーション塗装が良い感じです!!

最後はパッケージアート風に

コチラもスペシウムスラッシュにグラデーション塗装をしています。

最後に文字をいれて

スポンサードリンク



素組のULTRAMAN[B TYPE] はこんな感じでしたので・・・

改造後と見比べると結構違いがありますね。

色的に[A TYPE]の方がシルバー多めですので、煌びやかな感じかな?

改造箇所は見える中では簡単に以下の通りです。

全体的にシルバーのためメタルパーツはあんまり目立ちませんね(笑)

レッド部は元の色より大分明るめにしています。

この方がウルトラマン的だと個人的には思っています。

また、全体をスミ入れした艶消しにて仕上げていますので落ち着いた感じだとも思います。

デカールも少量ですが貼っていますので、イメージが結構変わったのではないでしょうか?

ライトアップした際にツインアイ部がブルーに点灯するようになったのも結構イメージを変えていると思います。

写真は以上となります。

本作品もヤフオク出品しております。

オークションは終了しました。

落札者様まことにありがとうございました。

最初にも書きましたが、なるべく簡単な手法にての改造を心がけましたが、肩部や腹部の改造なんかは初めての方には少々難しいかもしれません。

ワタシはサクサク作っていきましたが、落ち着いてゆっくり長い時間かければそれなりにうまくいくと思います。

焦らずに作成してみてください。

この後もセブンの発売も決まっています。

当分は楽しみに事欠かなくなるんじゃないかなと思っております(笑)

そのときにはまたブログをご覧いただければと思います。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク