HGBD ガンダムAGEIIマグナムSVver. 脚部改造編 「君達の可能性の光を!!」

HGBD 1/144 ガンダムAGEIIマグナムSVver. 改造 第5回目です。

今回で残りの箇所はすべて改造してしまいます。

サムネの脚部にバックパック、ハイパードッズライフルマグナムですね。

改造箇所は多くないですが、頑張っていきましょう!!

スポンサードリンク



その1:腿部ディティールアップ

通常のキットだと膝ガードの部分ですね。

まずは0.5mmのプラバンを下の写真のようにカットして貼り付けます。

MGのディティールをアレンジしています。

上側のプラバンは縁を少しヤスリでテーパ(斜め)に削ってやると一体感が出ます。

合わせて側面に凹モールドを追加しています。

ココは1.0mmのMr.ラインチゼルにて彫り込んでいます。

スポンサードリンク



その2:アンクルガードのディティールアップ

アンクルガードはサイド部のフィンが対象年齢の関係上大分丸まっています。

ココにはヤスリにて削り込んでシャープ化していきましょう。

ペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてガリガリ削っていきます。

シャープになったらペンサンダーのヤスリをNo.400に変えて磨き、さらにヤスリをNo.800に変えてヤスリがけをします。

ヤスリがけをした箇所がツルツルとキレイになれば作業完了です。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ちなみに足部側面に出ているパーティングラインも一緒に消しています。

スポンサードリンク



その3:バックパックの改造

バックパックと言うかシグマシスファンネルですね。

まずは内側にも付いている取り付け部をカットします。

ココはニッパーかエッジングソーにてカット後にヤスリがけをしてキレイにしておきます。

その後、シグマシスファンネル側面部に空いている使わない3mm穴・・・

ディティールアップパーツにてふさげばOKです。

今回はコトブキヤ P119 丸モールド III 及び P120 丸モールド IV の「4.0」を使用しています。

スポンサードリンク



その4:ハイパードッズライフルマグナムの改造

ハイパードッズライフルマグナムはライフル自体はモナカになっているので合わせ目消しが必要です。

作業は

①パーツ両面(下の写真の赤線部)にセメントをたっぷり塗ります。

②30秒~1分程度放置します。

③パーツ同士をくっつけます。(セメントで溶けたプラスチックがはみ出してくればOKです。)

④1日程度放置して乾燥させます。

⑤接着面をペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてキレイに磨きます。

以上にて合わせ目消しは完了です。

お次は各部シャープ化していきましょう。

下の写真の2か所をシャープ化しています。

やり方はその2と全く一緒ですので割愛します。

これにて作業はすべて完了となります。

スポンサードリンク



以上にてガンダムAGEIIマグナムSVver. の改造はすべて完了となります。

この後は塗装に入っていきますが、今回はFXプロージョン Ver として塗装していきます。

元々全体的にホワイトな機体ですが、さらに白くなっちゃいそうですが(笑)

トランザムとは違い、あんまりメタリックを強くしない感じでアニメよりの色にしていきたいと思っています。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク