RE/100 ガンイージ → ガンブラスター胸部・腰部改造編 「ヘレンの弔い合戦をやらせてもらってんだよ!」

新年一発目から改造を始めたガンイージですが(汗)

その後、大分時間がたってしまいましたね・・・・

改造自体は進んでいたのですが公開するタイミングが微妙で・・・

それほど多くの改造もしていないので、少しまとめて全3回(今回含めて後2回)で完了させていきたいと思います!!

スポンサードリンク



その1:腹部延長処理

胸部改造に時間がかかった箇所ですね(苦笑)

RE/100 ガンイージは素組のままでもかなりカッコイイのですが、何かビミョーにバランスが悪いんですよね・・・

なんでだろう・・・てお正月考えていて・・・

!?

胴体がめっちゃみじけぇ!!

って気づきました!

ですので腹部に1.0mmのプラバンを貼り付けて幅増ししています。

・・・6枚積層したので計6mmの延長ですね。

かなり胴体伸ばしています。

ですが、このくらい伸ばさないとバランスが悪いと思われます。

プラバンは大体の形状にカットした1.0mmプラバンを1枚ずつ貼り付けていきます。

まとめて6枚貼り付けるより1枚貼ってはセメントがある程度硬化するのを待って(1時間程度)腹部の形状に合わせてある程度の形状にニッパーでプラバンをカットするという作業を繰り返したほうがうまくいくと思います。

その後、1日程度放置して6枚がしっかりと張り付いたらペンサンダーにてキレイに形状を整えていきます。

ココはかなりヤスリがけをしなければならないのでペンサンダーにはNo.240のヤスリを付けてガリガリ削ったほうが良いと思います。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

しっかりと形状が出たらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換してキレイに磨いていきます。

プラバンの積層を行う場合はどうしてもプラバン同士の間に隙間が空いてしまうことがあります。

ヤスリで整えた後に隙間があるようでしたら隙間をアルテコ瞬間接着パテにて埋めて再度ペンサンダーにNo.400→800の順でキレイに整えてリカバーしましょう。

最後に裏側に腰部との接続穴を作ります。

ココは4.0mmの穴を空ければ良いのですが、ピンバイスは通常3.2mm程度までしか穴を掘ることが出来ません。

ですのでドリルにて開口しています。

ドリルは小型の充電式のモノが良いと思います。

特にMGやPGを改造される方は4mm以上の径の穴を空けることも多々あると思いますので必須アイテムでは無いでしょうか?

スポンサードリンク



その2:コックピットハッチの延長

その1の影響でコックピットハッチが短くなっています(笑)

ココもしっかりと延長処理をしていきます。

ココはその1と違い1.0mmのプラバンを6mmにカットしたものを3面に貼り付ければOKです。

貼り付ける際にキットのコックピットハッチ下側をNo.400のヤスリで磨いておくとキレイにくっつくと思います。

(少々湾曲しているんですよね・・・)

上の写真のようになればOKです。

ココもその1のようにプラバンとキットや正面のプラバンと側面のプラバンに隙間が出来てしまったらアルテコ瞬間接着パテにて埋めてからペンサンダーにNo.400→800の順でキレイに整えてリカバーすればOKです。

リカバリーはエポキシパテ(エポパテ)やポリパテでも出来ますが、プラバンへの食いつきがあまりよくないため剥がれてくることが良くあります。

個人的にはプラ同士の隙間埋めにはアルテコ瞬間接着パテをお勧めします。

スポンサードリンク



その3:胸部側面メタルパーツ埋め込み

ちょろっとした改造ですが、ダクト側面に1.0mmのメタルボールを埋め込みアクセントとしています。

埋め込み方法はいつも通りで、1.1mmのピンバイスにて開口後に面取りビットにて縁を整えてから埋め込んでいます。

接着はトップコート後に樹脂製接着剤にて行うので現状は置いてあるだけです。

無くさないように注意してください。

スポンサードリンク



その4:腰部スジ彫りの追加

サックリと腰部に移動しましたが(笑)

腰部は以下の箇所にスジ彫りを追加しています。

今回は0.2mmのMr.ラインチゼルを使いスジ彫りを追加しています。

フロントスカートはV2を意識していますね。

合わせてコチラもV2を意識して〇モールドを追加しています。

今回はコトブキヤ P114 丸モールド II の「2.5」を使用しています。

スポンサードリンク



その5:サイドアーマー内部フレーム作成

ガンイージはサイドアーマーのみ内部フレームが存在していません・・・

ですので、サイドアーマーの裏側にエポキシパテを埋め込んで内部フレームを作成しています。

簡単ではありますが上の写真のようにしています。

・・・リアスカートは一応モールドが彫ってあるのでそちらを使用します(笑)

スポンサードリンク



以上にて胸部・腰部の改造は完了です。

あまりいないとは思いますが、肩部ラックを取り外す方は別途パーツのパーティングラインは消しておいた方がキレイになります。

コレにて本当に完了です(笑)

腹部をかなり伸ばしたので、大きく印象が変わっていますね。

次回は腕部・脚部に合わせてガンプラスターのアイデンティティであるバックパックもまとめて改造してしまいます!!

なるべく早く完成させますので、少しだけお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク