RG クロスボーンガンダム X1 腰部改造編 「死を強いる指導者の、どこに真実がある! 寝言を言うなぁー!」

順調に進んでおりますRG クロスボーンガンダム X1 改造・・・

今回で第3回目ですね。

サムネの通り腰部(とバックパック)を改造していきます。

スポンサードリンク



その1:プラバンでのディティールアップ

まずはプラバンで腰部をディティールアップしていきます。

フロントアーマーの赤いパーツですね。

ココに以下のように0.3mmのプラバンを貼り付けています。

元々横に直線のスジ彫りが入っていた箇所ですね。

ココにプラバンを貼り付けて凸モールドとしています。

同じく正面に0.3mmのプラバンを1mm×3mmにカットして貼り付けています。

ココはエバーグリーン製の棒 板厚0.25x幅1.0mm を使用しても良いと思います。

最後にフロントアーマー下側(下の写真の箇所)に

1.0mmのプラバンを上底:3mm 下底:4mm 高さ:4mmにカットしたものを貼り付けています。

お次はフロントスカートですね。

中央部にこれまた0.3mmのプラバンを1mm×3mmにカットしたものを2つ貼り付けています。

・・・ちょっとメタルビルドを意識しています(笑)

これはリアスカートにも同様の処理をしています。

このような小さなプラバン(プラチップ)を貼り付けるときは流し込み式のタミヤセメントを使うとキレイに行きます。

使い方としては・・・

カットしたプラバンを

配置したいところにデザインナイフやピンセットで置き

端から流し込みタイプのセメントを流します。

パーツの位置がずれた場合はピンセットやデザインナイフの先端で整えれば作業完了です。

通常のタミヤセメントでももちろん貼り付けられますが、セメントがはみ出したりして処理がメンドウになることが多いのでワタシはこの方法にて貼り付けています。

スポンサードリンク



その2:スジ彫りでのディティールアップ

お次はスジ彫りの追加です。

スジ彫りの追加は一か所ですね。

フロントアーマーの以下の箇所に0.5mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その3:バックパックバーニアのディティールアップ

腰部は結構密にディティールが入っているためその2にて完了です。

お次はバックパックのディティールアップですが・・・

ココも簡単に終わりますね。

バーニア内部に1.0mmの真鍮線を埋め込むのみです。

1.0mmの真鍮線を金属線用のニッパーにてカットし

先端を同じく金属線用のヤスリで磨き平らにしたものを

1.0mmのピンバイスにてバーニア内部中央に穴を空け

バーニア内部中央に埋め込めば作業完了です。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

今回の改造はいつもに比べて量は少な目ですね。

サックリと終わると思います。

金属線は塗装前にメタルプライマーを筆塗りして塗装ハゲを防止しておきましょう。

メタルプライマーは塗った後は完全に乾いてから塗装しないとハゲの原因になるのでギリギリに塗るのは避けてください。

注意する点はそのくらいですかね?

さて残すところ後2回!!

来週中には完成できるように頑張っていきましょう!!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク