ウォーロックイージスガンダム 上半身改造編

少々時間が空いてしまいましたがウォーロックイージスガンダム 改造第2回目です!!

前回の頭部改造に続き・・・

2022年07月30日 に販売が開始されたウォーロックイージスガンダム・・・ レビューに引き続き 早速改造してい...

上半身を改造していきます!!

全体的にいつものSD系の改造ですが、前回同様にニコイチ箇所もあるため少々大変かもしれません・・・

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肉抜き穴埋め

まずは肉抜き穴を埋めていきます。

腹部後ろ・腕の肉抜き穴を処理していきます。

基本的にはエポキシパテにて埋めていきます。

6時間程度放置してエポパテが半硬化したらデザインナイフではみ出した部分をカットしておくとこの後のヤスリがけが簡単になります。

1日程度放置にてエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて表面を整えていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:肩角部 ニコイチ化

頭部同様の処理ですね。

ウォーロックイージスの方に付いている角部は裏側に大きな肉抜き穴があります・・・

ココはウォーロックイージスを2個使用して肉抜き穴を埋めます。

まずは下の写真の赤点線部にてエッチングソーを使い真っ二つにします。

カット面はペンサンダーにNo.120を付けて綺麗に磨きましょう。

前回同様これを左右且つ前後分なので計4回行います・・・

カットしたパーツ同士をタミヤセメントにてくっつけて肉抜き穴が無いパーツを作ります。

かなり大変ですが慎重にカットして削りすぎないように注意しながら作業しましょう。

綺麗に半分にならなかったり隙間が出来てしまった場合は瞬間接着パテにて埋め瞬間接着剤硬化剤にて固めます。

先ほど同様にペンサンダーにてツライチに磨いて作業完了です。

これにて肉抜き穴の無い綺麗な角パーツになりました。

スポンサードリンク



その3:シャープ化

上半身は以下の箇所をシャープ化しておきます。

肩部と腕装甲、胸部のエンブレムに杖ですね。

ペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてシャープに磨いていきましょう。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.240→400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その4:手部ワイルドバンド置換

左手はサタンガンダム同様にコトブキヤ ワイルドバンドに置換します。

悪役はこの手が良く似合います。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

大分見た目良くなってきました。

残す下半身ですが下半身自体はそれほど改造する箇所は無いですね・・・

残ったマント部が大変です。

またしても肉抜き穴が・・・

とは言え次回で完成となりますので最後まで頑張って改造していきましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク