HGTWFM ガンダムルブリス → ガンダムルブリス量産試作モデル 脚部改造編

HGTWFM ガンダムルブリス → ガンダムルブリス量産試作モデル 最後の改造です!

前回の腕部改造に続き・・・

HGTWFM ガンダムルブリス → ガンダムルブリス量産試作モデル 改造第4回目です! 前回の腰部改造に続き・・・ ...

残った脚部を改造していきます!

前回作成した大型ランチャー内にはガンビットも収納していきます!!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:モモ部 〇モールドメタルボール埋込

まずはモモ部側面の〇モールドをディティールアップします。

1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて整えて

メタルボールを埋め込みます。

現状は置いてあるだけなので塗装後に樹脂製接着剤にて接着します。

それまで無くさないようにしてください。

スポンサードリンク



その2:シャープ化

脚部は少しだけですね。

モモ部ヒザ側の側面部をシャープ化します。

上の写真の赤点線部に沿ってシャープ化してやります。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツンツンに磨いています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

ヒザ部下側及び足裏ですね。

ココはエポキシパテにて埋めていきます。

多めにエポキシパテを盛って1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いています。

ツライチに磨けたらヤスリをNo.240→400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

足裏はかかと側に◎モールドがあったので2.0㎜のピンバイスにて開口し塗装後にメタルパイプを埋め込みます。

ハメ殺しになってしまうため写真は穴を空けた状態ですね。

塗装後に埋め込み接着します。

スポンサードリンク



その4:バーニア メタルパーツ化

コチラも簡単なディティールアップですね。

ヒザ部とモモ後ろ側です。

モモ後ろ側は単純に交換し

スネ部は以下の箇所からエッチングソーにてカットしそこにメタルバーニアを貼り付けます。

効果的なディティールアップですね。

スポンサードリンク



その5:ガンビット 作成

最後に大型ランチャー内にガンビットを作成します。

2.0㎜のプラバンを大型ランチャーの内径に合わせてカットし、ガンビットとしてMSスパイク02を各面5個ずつ貼り付けます。

中央部はスパイク部を逆に取り付けてはみ出した箇所をカットして作成しています。

このパーツは大型ランチャーとのテンションで保持しているので開閉も可能としています。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造は終了となります。

後は塗装して完成ですね!

ルブリス自体は塗り分けもそれほど難しくないためそれなりに早めに完成品をお披露目出来るかなと思いますので完成まで今しばらくお待ちください。

【2022/09/08】

完成しました!!

HGTWFM ガンダムルブリス量産試作モデル 【HGTWFM ガンダムルブリス改造品】・・・ 完成です!! HGTWFM...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク