HGIBO ガンダムマルコシアス 腕部改造編

HGIBO 1/144 ガンダムマルコシアス 改造 も後半戦となってきました!!

前回の腰部に引き続き

それでは HGIBO 1/144 ガンダムマルコシアス 改造! 前回の胸部に引き続き 今回は腰部を改造していきま...

今回は腕部を改造していきましょう!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肩アーマー シャープ化

まずは肩―マーをシャープ化していきます。

外側の先端部や下側

上腕ガード2つの先端はかなり丸まっています。

ココをシャープ化していきます!!

やり方はいつも通りペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて先端を尖らすように磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

先端がツンツンになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→No.800のヤスリに順番に付け替えながら磨きツルツルになればOKです。

かなり見栄えが良くなってきたと思います

合わせて〇モールドをメタルパーツ化してしまいます。

ココはハイキューパーツ HSリペッドの 3.0mmを貼り付けます。

サイズ的には2.0mmでも良いと思いますが、少し存在感を持たせたかったので大きめにしています。

これは中央部に1.0mmのピンバイスにて開口し

ここにリペッドをはめ込む形ですね。

もちろん塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

それまでは無くさないように保存しておいてください。

スポンサードリンク



その2:下腕部合わせ目消し

HGIBO マルコシアスの下腕部はど真ん中に合わせ目が出てしまっています。

裏側も・・・

ココは一部パーツのはめ込み箇所を変えて合わせ目を処理していきます。

上の写真の赤点線部でエッチングソーを使いパーツをカットします。

下の写真の赤線部にタミヤセメントをたっぷりと塗ります。

30秒~1分程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

上の写真のようにセメントでプラが溶けてはみ出してくればOKです。

このまま1日程度放置しセメントが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてはみ出した箇所を削っていきます。

キレイに削れたらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨けば作業完了です。

こうすることで中央部に来る合わせ目は無くなり、パーツの取り付け部も側面にくるため目立たなくなります。

側面の取り付け部が目立つようでしたら塗装後に接着してしまっても良いと思います。

スポンサードリンク



その3:取り付け穴削除

下腕部にはシールド取り付け穴が左右の腕の外側及び内側すべてについています。

基本的に左腕の外側にしかシールドは取り付けないので他の穴は埋めてしまいます。

3mm穴のため、3mmのプラ棒を押し込めば穴は埋まります。

接着は流し込み式のセメントで行うと良いと思います。

そのままですと味気無いので少しディティールアップしておきます。

今回はハイキューパーツ製のジーレップ を使用しています。

上の写真のようになりました。

スポンサードリンク



その4:下腕部 シャープ化

最後も下腕部ですね(笑)

下腕部も各部シャープ化しておきましょう!!

上の写真の赤〇部ですね。

ココを・・・

このようにしておきましょう。

スポンサードリンク




以上にて腕部改造は終了となります。

イイ感じにカッコよさが増してきました!!

テンション上がります(笑)

残すは脚部とバックパックのみですね!!

もう少しで完成となります!!

最後まで頑張って作業していきましょう!!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク