HGUC ガンダムF91 レビュー 【F91ガンダムはシーブックアノーで行きます。】

2013年12月21日に発売された

HGUC ガンダムF91 の レビューを開始します。

お値段 1,320円(税込)とお安めになっています。

あまり評判のよろしくないキットではありますが・・・

それではレビュースタートです~

スポンサードリンク



外箱

HGUC特有の外箱です。

ラフレシアとビギナ・ギナが見えますね。

側面です。

説明書

コチラもHGUC特有のモノですね。

スポンサードリンク



ランナー

A1・A2ランナーです。

Bランナーです。

C・D・E・Fランナーにポリキャップとシールです。

スポンサードリンク



キット:通常状態

まずは通常状態にて4面をグルリと

お次は斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

文字を入れて

スポンサードリンク



キット:フェイスオープン

お次はフェイスオープン状態にて4面をグルリと

お次は斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

上45度下30度くらいと良く動きます。

左右は一周グルリと回ります。

●胸部

胸部は後ろ20度 前5度くらい

左右20度くらいと標準的ですかね。

●腕部

腕部は肩で160度、肘でほぼ180度、手首が20度程度と良く動きます。

肩部は前面に30度程度引き出せます。

バックパックに接続されたV.S.B.R(ヴェスバー)は100度程度稼働し前面に展開できます。

もちろん持ち手も可動式です。

●腰部・足部

股関節は左右180度開脚します。サイドアーマーのポロリも無いですね。

足首左右は20度くらい曲がります。

前後はリアスカートが固定のため前90度 後ろ20度くらいです。

足部は前後30度程度と標準的ですね。

●脚部

膝部にて160度程度曲がるので片膝立ちは綺麗に決まります。

スネ後ろの3連スラスターは個別に稼働します。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

頑張ってはいますがしんどいですね。

メインカメラ・リアカメラ・ツインアイはシールです。

バルカンはイエローにて色分けする必要があります。

この辺りが全体的に白いためぬっぺらとした感じに見えてしまいますね。

頭部は通常のフェイスとフェイスオフ状態のフェイスが劇中のような形状にて作られており

そこにヘルメットをかぶせる方式です。

似てないと良く言われますが、カッコよくなっているので個人的にはアリだと思っています。

ただしメインカメラやツインアイの色がブルーではなくグリーンなのはいただけません!!

●胸部・腰部

コチラも少々ぬっぺりしている感じです・・・

胸部バルカン及びダクト部のイエローに塗装が必要なためですね。

▽マークが凸になっているのもどうかと・・・

●腕部

F91マークがモールドにて再現されています。

フィンは差し替えにて展開可能です。

同じくシールドも差し替えにて展開可能です。

ビームシールド基部の▽はコチラもなぜか凸になっています。

●脚部

ヒザの▽はグレーになってしまっていますね。

塗装派は塗り分けしやすい形になっているので良いのですが・・・

もう少し色分けを頑張って欲しかったですね。

アンクルガード側面もイエローが足りていませんね。

足裏は小さめですが肉抜き穴ありです。

●バックパック

コチラもスラスター内部はイエローが足りていませんね。

ヴェスバーも白一色です。

●武器類

ヴェスバー以外にはビームライフル・ビームシールド・ビームランチャー・ビームサーベル×2が付属です。

色分けはそれなりに頑張っていますね。

スポンサードリンク



作成について

ランナーは少なめのキットですね。

作成は1時間かからないくらいでした。

HGとしては簡単な部類に入ると思います。

小型キットのため小さいパーツが多めなのでその辺は注意が必要かな?

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は87点と言った感じです。

カッコよさ:85点

作りやすさ:90点

値段          :85点

遊びやすさ:90点

と言ったところです。

カッコよさに関してはフェイスに関しては個人的には文句なくカッコイイと思います。

設定画に似ていないと言われますが、正直設定画の馬面を再現されても・・・・

って気がしますので、こっちが正解なんじゃないかなと思っています。

点数あまり高くないのはやはりスラスター類やバルカンなどの色分けの不十分さが大きいですね。

もう少し何とかなったんじゃないかなぁと思っています。

バックパックスラスターや頭部バルカン・胸部バルカン・ヒザ▽くらいは行ける気がしてしまいます。

この辺りが減点要因ですね。

塗装可能な人にとってはもう少し点数高めで良いと思います。

作りやすさに関しては純粋に量が少ないためサクッと組めます。

GMまでとはいきませんが、主人公機をこのランナー量で仕上げているのはスゴイと思います。

値段についてはお安く感じますが、ランナー量からしたら妥当ですかね?

そんな感じです。

ブンドドに関してはポロリは少なく良く動きます。

腰部が少々外れやすいかな?

ってくらいです。

頭部やフィンなどの変更も出来ますし、ビームシールドの展開なども出来るので遊べるキットですね。

以上!!

HGUC ガンダムF91 の レビューでした!!

今更ですがF91好きと言っている割にHGUC F91の改造って見せていなかったのに気づいてのレビューです(笑)

このキットはすでに改造されています!

お次は改造作品のお披露目となります!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク