RE/100 ビギナ・ギナ 開封の儀

2018年06月23日 に発売される RE/100 ビギナ・ギナ

お値段 3,456円(税込)となっております。

スポンサードリンク



外箱

まずは正面から

サムネと同一ですが、もう一度・・・

コロニー内でF91と共闘中ですね・・・

こんなシーンは無かったはず?

画像的にはMG ガンダムF91 Ver2.0 と同様にかなり金属質な書き方ですね。

MG ガンダムF91 Ver2.0 と違い他に書かれているMSはジェガンのみですね。

販促ですね(笑)

やられている機体は・・・なんですかね?

側面です。

側面の前後は正面のパッケージアートと同様の画像が使われています。

RE/100 も9体目なんですね。

もう少しハイペースで出してもらっても良いのですよ(笑)

そうか・・・F91に匹敵していたのか・・・

 

スポンサードリンク



説明書

RE/100の基本的なフォーマットによって書かれています。

まずは表紙です。

裏表紙です。

そして説明書では無いですが、内容物に恐ろしいものが・・・・

もーこんなの買うしかナイジャナイデスカー(笑)

スポンサードリンク



ランナー

それではランナー紹介です。

まずはAランナーです。

AランナーはA1が1枚のみですね。

旧1/100 ビギナ・ギナは成型色が銀色でしたが、今回は灰色・・ライトグレーといった感じの成型色ですね。

成型色のメタリックカラーはウェルドラインがモリモリ出るので個人的にはこちらの方が良いですね。

Bランナーです。

B2はB1から頭部と脚部の一部パーツを除いたものですね。

Cランナーです。

写真に写っているC1がもう一枚付属しています。

Dランナーです。

コチラもBランナー同様にD2はD1から一部パーツを除いたものですね。

Eランナーです。

E1には武器類がまとめられていますね。こちらもE2はE1から一部取り除いてバーニアとパイプに一部武器のパーツを付けたものになります。

Fランナーです。

F1は写真には写っていませんがもう1枚付きます。

F2はクリアパーツです。

クリアパーツとポリキャップです。

最後にシールです。

意外と多いですが、旧ビギナ・ギナに合わせたディティールアップ用っぽいですね。

ぱっと見でシールド補わなければならないようなところは無いと思いますね・・・

バーニアやスラスターの内側くらいですかね?

後⑫の花束のシールが心を打ちますね(泣)

こういったちょっとしたオマケはとてもうれしいです。

ビギナ・ギナの頬に貼り付け必須です!!

スポンサードリンク



また、ビーム・シールドはMG F91 Ver2.0同様の軟性クリア素材にて作られています。

旧1/100 ビギナ・ギナは硬質のクリア素材で大分厚いプラでしたので、当時に比べれば同然 薄く且つキレイな造形になっていますが、同じピンク色のビームシールドとしては MG Vガンダムのビームシールドの出来がスゴイ良かったので少々見劣りはしますね・・・

コチラはRE/100 ですので金額的な問題もあるのでしょうね。

さて、それではさっそくキットを作成していきます。

作成完了しましたのでレビュー開始しました。

先ほど開封の儀のみ行った RE/100 ビギナ・ギナ ですが・・・完成しましたのでレビューいたします!!スポンサードリン...

MGほど時間はかからないと思いますので、なるべく早くレビューをしていきたいと思います。

今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク