HGBD ガンダムシャイニングブレイク 頭部改造編 「あぁ・・・もう決めたんや」

2018年12月15日 に発売されました HGBD 1/144 ガンダムシャイニングブレイク !!

今回から改造開始です!!

元の出来がかなり良いため、本作品は久しぶりに全身のブラッシュアップをメインに行っていきたいと思います。

最後にはBEFORE Ver.としていわゆるティターンズカラーでの仕上げをしていきます。

それではいつも通り頭部改造からスタートです!!

スポンサードリンク



その1:アンテナのシャープ化

最初はHGでは必ず行うアンテナのシャープ化ですね。

シャイニングブレイクは正面の4本の他に・・・

耳部のイエロー部にも安全対策が施されております。

コチラの安全対策を上の写真の赤斜線部をニッパーで大まかにカットします。

その後、ヤスリがけにてキレイに整えていきます。

今回はペンサンダーにNo.800のヤスリを付けて慎重にヤスリがけをしていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

良く削れるので、削りすぎには注意してください(笑)

上の写真のようになればOKです。

正面の下側のアンテナはかなり細いため折らないように注意してください。

スポンサードリンク



その2:パーティングライン消し

その1と同様にイエロー部のパーツですが・・・

上の写真の赤点線の位置にパーティングラインが出てしまっています。

ココはペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてササッと消してしまいましょう。

小さなパーティングラインなのですぐに消せると思います。

スポンサードリンク



その3:耳部イエローパーツの角度調整

その1にてシャープ化した耳部のイエローパーツですが・・・

画稿に比べて若干寝すぎている感じがします。

ですので、下の写真の赤点線部にてエッジングソーを使い一度カットします。

角度を変えて接着すれば・・・

イイ感じに画稿にあったんじゃないでしょうか?

現状は瞬間接着剤の点付けにて止めているのみです。

塗装時に一度切り離し、塗装後に接着して仕上げます。

スポンサードリンク



その4:頬部シャープ化

コチラも画稿に比べ・・・

厚ぼったい感じですね。

これはアンテナ同様に安全対策の意味合いもあるようで形状も少し違っていますね。

下の写真の青斜線部をペンサンダーにNo.800のヤスリを付けて慎重に薄くしていきます。

薄くなったら赤斜線部を同じくペンサンダーにNo.800のヤスリを付けたまま画稿に合わせて削っていきます。

下の写真のようになれば作業完了です。

イイ感じにシャープになりました。

画稿と同じですね。
スポンサードリンク



その5:バルカン部メタルパーツ化

ココもよくある改造箇所ですね。

シャイニングブレイクのバルカンは計4個あります。

ココを1.5mmのメタルバルカンに置き換えていきます。

1.6mmのピンバイスにて開口し、メタルバルカンを埋め込むだけです。

簡単な改造ですが、やはりメタルパーツは存在感が違います!!

スポンサードリンク



頭部改造は以上となります。

元々の頭部と比べてみると・・・

結構違いますね。

(左の耳部が曲がってしまっていますね・・・スミマセン・・・)

こんな感じでディティールを全身に追加していきます。

そのままでも良く出来たキットですが、一つ上の作品を目指して感がりましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク