1/100 グレイズ → グレイズアイン 胸部改造編 【クランク二尉を手にかけた罪深き子供ッ!!】

1/100 グレイズ → グレイズアイン改造 第2回目です。

前回の頭部に引き続き

1/100 グレイズ → グレイズアイン改造・・・ さっそく始めていきます!! いつも通り頭部からですね。 なかな...

今回は胸部の改造をしていきます。

他の箇所に比べればそれほど大きな改造では無いのでサクッと終わらせていきましょう~

スポンサードリンク



その1:胸部前面 形状変更

まずは胸部前面の装甲ですね。

元々のグレイズの胸部装甲に1.0㎜のプラバンを貼り付ける方式で形状を修正します。

上部の形状は大体一緒なのでそこを生かしながら十字型の装甲をスクラッチしています。

下側の隙間には瞬間接着パテを盛って瞬間接着剤硬化剤を使い固めていきます。

瞬間接着パテは瞬間接着剤硬化剤を使えばすぐに硬化しますが、プラバンを貼り付けた箇所は1日程度放置してからペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて形状を修正していきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:襟部形状変更

襟部はグレイズに比べ少々小さめのようです。

ココは元々の襟部をエッチングソーにてカットし小型化しています。

主に側面ですね。

大分スッキリしました。

スポンサードリンク



その3:バックパック スクラッチ

最後にアックスを保持するバックパック部をスクラッチします。

付け根及び先端の円柱は8㎜のプラパイプで

中央部及びアックス保持部の道中は1.0㎜のプラバンの箱組で作成しています。

円柱の端はコトブキヤ P115 マイナスモールド III の「8」を接着しています。

また道中のスラスターっぽい□モールドはWAVE NEW U・バーニア【角】の「6」を貼り付けています。

アックス取り付け部はジャンクパーツから接続にちょうど良いパーツを持ってきています。

今回はMG バルバトスの太刀・メイス保持パーツを使用していますが、これは何でも良いかと思います。

アックスについてはグレイズについているアックスとケレン味を出すために1/100 グシオンに付いているハルバードを切り詰めて使用しています。

やばさが増した気がします(笑)

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

胸部もスクラッチ箇所多めですが比較的簡単に作れる箇所だと思います。

サクッと作ってどんどん作業続けていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク