HGUC RGM-88X ジェダ 腕部改造編 「 ロンデニオン司令部より新命令を受信」

さぁなるはやで進んでいますHGUC RGM-88X ジェダ 改造・・・

今回は腕部改造を行っていきます !!

腰部まで仮サフ吹いてみました。

サイドスカートはHGUC ジェガンのモノを使用する方向でいきます。

腰部のバランスはこの方が合う気がしたので・・・

それではここからは腕部の改造進めていきます!!

スポンサードリンク



その1:肩部新造

ココはジェガンとジェダで大きく違う箇所ですね。

全く形状が違うためスクラッチしていく形になります。

・・・が!!

なんと!!ジェスタのリアスカートが結構似ている形状であることに気づきました!!

赤斜線部をエッジングソーにてカットして基部としていきます。

カットした箇所は1.0mmのプラバンにて埋めて成型します。

さて上記処理をリアスカート左右に行うと、ジェダの肩アーマーの正面部分が完成します。

当然裏側にも同様のパーツが必要になりますね。

今回はおゆまる + レジンにて複製を行います。

まずはおゆまるを柔らかくするためにお湯を沸かします。

お湯が沸いたら紙コップにお湯を注ぎ、その中におゆまるを入れます。

2~3分程度で全体が柔らかくなるので紙コップから出して指でもみます。

(この時紙コップに少しおゆまるがくっついてしまったりすると思いますが、少量はあきらめるしか無いと思います・・・)

良く揉んだらおゆまるを先ほど作成したリアスカートに押し付けます。

この作業は平らな箇所で行ってください。

このまま5分程度放置しておゆまるが硬化したらリアアーマーを外します。

ここにレジンを流し込みます。

流し込んだら上の写真のようにレジンの上に0.3mmのプラバンを乗せて密着させます。

片側の複製を行う場合、型を取らない面がデコボコしてしまい後処理が大変になることが良くあります。

プラバンにて抑え込むことによりウラ面を平らに整形し処理を楽にするためにプラバンを貼り付けています。

5分~10分程度放置してレジンが硬化したらおゆまるからパーツを取り出します。

同じ要領でもう片方の肩アーマーもおゆまるにて型取りをして、パーツを揃えます。

これにて正面部分のパーツは完成です。

このパーツをベースに再度及び上面のパーツを1.0mmのプラバンで作成していきます。

側面部のスラスターはWAVE NEW U・バーニア【角】S の「1」を使用し

斜め及び隙間はエポキシパテにて埋めてからペンダンサーにて成型しています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

形状出しはペンダンサーにNo.240のヤスリを付けて削りだした後にNo.400→800と番手を細かくして磨いていけばOKです。

本肩アーマーの接続にはジェガンの接続ピンを使用しますが、形状的に後ハメ加工が難しいため、接続パーツのみ切り出しておいて塗装後に接着します。

スポンサードリンク



その2:下腕部形状変更

お次は下腕部を改造していきます。

ココもかなり形状が違いますね。

ジェガンとは違い結構複雑です。

まずは甲についている増設パーツを作成します。

ココは基本的に1.0mmのプラバンの積層ですね。

ジェガンの下腕部に以下の赤斜線部を1.0mmのプラバンで先に作成し貼り付けておいてから

上の写真の赤線部をプラバンで作成します。

上の写真の赤線部を先に作りジェガンの下腕に接着しておいてから・・・

青線部を1.0mmのプラバンで積層しています。

プラバンは一番出っ張っているところで4枚使用しています。

スポンサードリンク



その3:ディティールの追加

最後にスジ彫りを追加していきます。

赤線部はBMCタガネ 1.0mmを

青線部はMr.ラインチゼル 0.2mmを

緑線部はBMCタガネ 0.3mmにて処理をしています。

また手首についてはMr.ラインチゼル 0.2mmにてスジ彫り後にデザインナイフでカンナがけをして段落ちモールドにしています。

スポンサードリンク



以上にて腕部改造は完了です。

文章にするとそれほど大変そうに見えないのですが・・・結構大変でした(汗)

特に複製についてはあまり扱わないため少々敷居が高い感じがするかもしれません。

ですが、この処理が出来るようになると改造が一気に面白くなると思います。

本来はレジンの複製にはおゆまるよりもシリコンを使ったほうが良いのですが、まずは慣れるため安価な素材であるおゆまるを使用することで、身近に感じられるかなぁと思って使用してみました。

一度チャレンジしてみることをオススメします!!

それでは残すところ脚部と武器類となった HGUC RGM-88X ジェダ !!

最後まで頑張って改造していきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. […] Source: 裏NM-Designのブログ HGUC RGM-88X ジェダ 腕部改造編 「 ロンデニオン司令部より新命令を受信」 […]