HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター 腕部改造編 【俺は・・・戦いたくない!!】

HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター改造第3回目は・・・

前回の胸部に続き

HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター改造第2回目です!! 今回は前回の頭部に続き...

腰部をすっ飛ばして腕部を改造します~

まぁ腰部は改造箇所無いので(笑)

腕部というかバインダー部であるスラストビームキャノンですね。

コチラをメインに改造していきます!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肩部アーマー取り付け

まずは肩部アーマーをL.O.ブースターのモノに変更します。

接続はジェミナスの肩アーマーを使います。

下の赤斜点線部をエッチングソーにてカットし・・・

旧1/144L.O.ブースターの肩アーマーの中にタミヤセメントにて接着します。

しっかりとセメントが硬化したらアーマーを取り付けてみます。

イイ感じですね。

少し内部パーツが見えるようにくっつけていますが、コレは個人的にこのバランスが気に入っているためですので、もし見えない方が良いと思う方は少し内側に寄せて取り付けると良いでしょう。

スポンサードリンク



その2:バインダー部 形状修正

前回も行いましたが、バインダー部もやはり形状的にかなりヒケがスゴイです。

また、パーツを金型から取り外す際の〇穴がコチラもモノスゲェ数あります(泣)

・・・いやぁ~スゴイっす(笑)

外側のウイング部にも〇穴が開いていますね。

ココはやすり掛けにてしっかりとツライチにしていきましょう!!

ペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてガリガリと削っていきましょう!!

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

場所によっては消え切らない箇所があると思います。

ウイング部は穴が大きいのでちょっと難しいと思います。

そのあたりは瞬間接着パテにて穴をふさいでからペンサンダーにNo.240のヤスリをつけて磨きましょう。

綺麗にツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800と交換しながらつるつるになるまで磨けばOKです!!

裏面だけでなく表面や肩アーマー・スラストビームキャノンもかなりヒケが大きいので全体的にやすり掛けは行ってください。

また、先端部やウイング部はシャープ化してキレイな形状に整えています。

スポンサードリンク



その3:ディティールアップアップパーツ埋込

最後に簡単にディティールアップしておきます。

今回は以下の箇所にディティールアップおよびエッチングパーツを貼り付けます。

〇モールドはコトブキヤ P114 丸モールド II を、エッチングパーツはハイキューパーツ ジーレップ 02を使用しています。

簡単な改造ですが、ポリキャップを見えなくしたり、ディティールが薄い箇所にはバツグンに効きますね。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

今回も基本は旧1/144キットの改修がメインですね(笑)

肩部は特に形状的にヒケが目立つためしっかりとヤスリがけをして面出しするのがコツです。

形状的にはしっかりと作られているため現代のキットに合わせてブラッシュアップしてあげましょう!!

改造も次回で最後です!!

少々時間がかかっているL.O.ブースターですが、きっちりと仕上げていきましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク