貂蝉クシャトリヤ 【SD三国創傑伝】 下半身改造編

SD三国創傑伝 貂蝉クシャトリヤ 改造第2回目にして最後の改造です。

前回の上半身に引き続き

SD三国創傑伝 貂蝉クシャトリヤ 改造第2回目ですね。 前回の頭部に引き続き 今回は上半身を改造していきます。 ...

今回は下半身を改造していきます。

それでは最後の改造さっそくスタートです!!

スポンサードリンク



その1:各部シャープ化

貂蝉クシャトリヤも量は少ないですが下半身部の各部をシャープ化していきます。

今回シャープ化する箇所は以下の赤斜線部ですね。

ヒザガード・アンクルガード側面・足先

リアスカート

ですね。

アンクルガードはニッパーにてカットしてから

それ以外はそのままペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープ化していきます!!

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:肉抜き穴埋め

SD三国創傑伝共通の肉抜き穴ですね。

クシャトリヤモモ内側に肉抜き穴があります。

ココはエポキシパテにて埋めていきます。

1日程度放置してエポパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて表面を整えていきます。

狭い隙間はペンサンダーでは無く手作業にてヤスリがけをしていきましょう。

上記くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:妖扇華・ナイチンゲール頭部シャープ化

最後もシャープ化ですね。

武器の妖扇華とバックパックに取り付けるナイチンゲール頭部をシャープ化します。

ナイチンゲール頭部は今回はバックパックとして使用するため、炎パーツが取り付く頭部アンテナ中央部の凹部もエッチングソーにてカットしてしまいます。

カット部はその他のシャープ化箇所と合わせてペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて綺麗に磨いておきましょう。

上記くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

シナンジュに取り付けないためモノアイはグレーにて塗装してしまいます。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造が終了となります。

貂蝉クシャトリヤは全体的に改造箇所は少なめですね。

この後は塗装して完成となります。

クシャトリヤは塗装に関してもそれほど難しい箇所は無いため(頭部後ろくらい?)サクッと終わらせて設定通りの貂蝉クシャトリヤをお見せしたいと思います!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク