HGGBB ブレイジングガンダム 腰部改造編

HGGBB ブレイジングガンダム改造第3回目です。

前回の胸部改造では大きく形状を変更しました。

HGGBB ブレイジングガンダム改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き 胸部改造をしていきます!! ...

今回の腰部はそれほど大きな改造は無いですのでサクッと終わらせていきましょう!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:プラバンでのディティールアップ

ブレイジングガンダムの腰回りは概ね新規形状になっているためかディティールは結構細かめに入っています。

大筋そのままでも問題無いかと思いますが少しだけプラバンを貼り付けてディティールを増やします。

フロントスカート部はいわゆるレッドポイントとして塗り分けます。

0.5㎜のプラバンを上記サイズにカットして貼り付けています。

フロントアーマー部の大きめのプラバンもグレーで塗り分けて少し色数を増やすと思います。

スポンサードリンク



その2:シャープ化

お次はシャープ化ですね。

フロントアーマー下部とフロントスカートの先端はだいぶ丸まっています。

フロントスカートは安全対策も付いていますね。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

下の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

フロントアーマー・フロントスカート・リアスカートにある肉抜き穴を埋めます。

形状的にリアスカート以外はそれほど目立たないため気にならなければ処理しなくても良いかもしれませんが、ポージングの際に少々目立つ感じでしたのでココはエポキシパテにて埋めてしまいます。

裏側の凹部にエポキシパテを埋め込んで1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて磨いています。

ツライチに磨けたらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨き元々の肉抜き穴に沿って0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリをしてやればそれっぽいディティールも入り一石二鳥ですね。

1.0㎜のピンバイスにて〇モールドも少し追加しています。

合わせてフロントスカートはニッパーで中央をカットして

分割しています。

スポンサードリンク



その4:バックパック 接続

最後にバックパックを胸部後ろに取り付けてしまいます。

と言ってもブレイジングガンダムのバックパック接続部とディナイナルガンダムのバックパック接続部は形状が違うため基本的にはお互いの凸部をカットして塗装後に接着する形になります。

バックパックは合わせ目及びパーティングラインがガッツリ出るのでその辺りはしっかりと処理してやると良いでしょう。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

前回に比べれば簡単な改造だったと思います。

これにて大体半分改造完了ですね。

色々改造しながらのためいつもより少々ペース遅めですが完成までは後2回です。

女性らしいブレイジングガンダムの完成目指してもう少し頑張っていきましょう~

【2022/01/05】

腕部改造開始しました!!

HGGBB ブレイジングガンダム改造第4回目です。 前回の腰部に続き 腕部を改造していきます。 腕部につい...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク