HGGBB ブレイジングガンダム 腕部改造編

HGGBB ブレイジングガンダム改造第4回目です。

前回の腰部に続き

HGGBB ブレイジングガンダム改造第3回目です。 前回の胸部改造では大きく形状を変更しました。 今回の腰部はそ...

腕部を改造していきます。

腕部についてはレビュー時にも書いていますが、元々のHGFCゴッドガンダムの肘関節がかなり動かないためその辺りを大きく改造していきます!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:上腕部 ディティールアップ

ブレイジングガンダムの上腕はHGFCゴッドガンダムのままですね。

ツルっとした円柱状のパーツとなっているため側面に分割モールドを入れてディティールアップします。

0.2㎜のMr.ラインチゼルにて以下のサイズにスジボリをしてディティールとしています。

スポンサードリンク



その2:肘関節 可動域増

今回メインの改造ですね。

肘関節の稼働域を増やします。

元々は100度程度しか曲がりません。

間接が1重関節のためこのくらいが限界ですね。

今回はHGCE インパルスガンダムの肘関節を移植して180度曲がるようにします。

上側の関節ですね。

サイズ的に合えばどの関節でも良いとは思います。

HGCE インパルスガンダムの肘部は少し太めなため側面をペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて少しだけ細くしています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

うまく刺さるようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

上腕はそのまま差し込むだけでOKですが、下腕部は上の写真の肘部フレームの下側をカットして使用し、手を付けるポリキャップは上側を少しカットして手部接続箇所に樹脂製の接着剤にて接着して保持するようにしています。

下腕部は2パーツの作りになっておりブレイジングブーストプロテクターにて保持が可能ですが塗装後に接着してしまった方がよさそうですね。

これにてほぼほぼ180度稼働出来る肘になりました。

スポンサードリンク



その3:シャープ化

最後はシャープ化ですね。

ブレイジングブーストプロテクターの先端はだいぶ丸まっています。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

下の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

完成が見えてきましたね!

次回脚部を改造して改造完了となります!!

脚部も元々のHGFCゴッドガンダムが少々古いキットであるために引っ張られてしまっている箇所を修正していく感じになります。

残す改造も後1回です・・・

最後までしっかりと改造していきましょう~

【2022/01/11】

脚部改造開始しました!!

HGGBB ブレイジングガンダム 最後の改造です。 前回の腕部に続き 残った脚部を改造していきます。 脚部...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク