HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 腕部改造編

HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 改造第4回目です。

前回の腰部改造に引き続き

HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 改造第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き ...

腕部を改造していきます!

腕部は肩アーマーが大きく変更されていますね。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肩部アーマー スクラッチ

まずは形状の違う肩部アーマーを作成します。

ココは1.0㎜と2.0㎜のプラバンにてスクラッチします。

上の写真の赤点線部は1.0㎜のプラバン、青点線部は2.0㎜のプラバンにてカットします。

各面はテーパ(斜め)にペンサンダーにNo.120のヤスリを付けて削ります。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

プラバンを折れないように少し湾曲するように曲げたらタミヤセメントにて貼り付け1日程度放置します。

セメントが硬化したらヤスリをNo.240→400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

基部は付属のモノをそのまま使いますが接着は塗装後に行うので現状は両面テープで貼り付けているのみです。

スポンサードリンク



その2:肉抜き穴埋め

肩部内部フレームは胸部との接続側に肉抜き穴が開いています。

また、下側に折れ防止に余分なプラがありますね。

肉抜き穴はエポキシパテにて埋めて、余分な箇所はエッチングソーにてカットしてしまいます。

エポキシパテは多めに盛って1日程度放置し、エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

上の写真のようになったらエッチングソーでのカット面含めてヤスリをNo.240→400→800の順に交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:平手追加

左手に平手を追加します。

今回はディティール的に良い感じのグリモアのモノを流用しました。

正確にはグリモアレッドベレーですね。

同じデザイナーと言うこともあり見栄えは良いと思います。

スポンサードリンク



その5:ビームライフル ディティールアップ

最後にビームライフルをディティールアップします。

下の写真の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗って合わせ目消しをし

銃口部をピンバイスにて開口し

2.0㎜のメタルバルカンに置き換えています。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

これにて見た目上はディランザ・ソルになりました!!

残るは脚部ですがグエル機同様に改造箇所結構たくさんあるので最後の改造頑張って行っちゃいましょう~

【2022/11/30】

脚部改造開始しました!!

HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 最後の改造です。 前回の腕部改造に引き続き 残...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク