HGUC Ξガンダム (クスィーガンダム) 腕部改造編 【そうだねクェス・・】

HGUC Ξガンダム改造第4回目ですね。

前回の腰部改造に続き

HGUC Ξガンダム改造第3回目は・・・ 前回の胸部改造に続き 腰部の改造をしていきます! 小説版準拠な形...

腕部の改造をしていきます!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:◎モールド メタルパーツ化

肩部ミノフスキークラフト先端部についている◎モールドですね。

ココはスラスターもしくはアポジモーターなのですかね?

ココをメタルパーツ化します。

まずは1.0㎜のピンバイスにて開口し・・・

同じく1.0㎜のメタルバルカンを埋め込んでいます。

メタルパイプでも問題無いと思いますが、埋め込みやすさからメタルバルカンを埋め込んでいます。

スポンサードリンク



その2:右腕部 シールド取り付け部形状修正

シールド取り付け部である六角形のパーツは左右ともに取り外す関係上左右に出っ張りが出来ています。

正直見栄えとしてはあんまりよくありません。

基本シールドは左側にしか取り付けないので右側は形状を修正しておきます。

ココは取り外しやすいように出っ張りがあるためペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて周囲とツライチになるように削り取っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

一応取り外しは可能ですが、最初に書いたように右手側にシールドを取り付けることは無いと思うのでそのままで良いでしょう。

スポンサードリンク



その3:シャープ化

お次は各部の形状をシャープ化します。

今回は肩部側面のフィン部と下腕部甲のミサイルランチャーが収納されている箇所ですね。

その2同様にペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープ化し

上の写真くらいになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その4:平手 肉抜き穴埋め

最後に平手内側の肉抜き穴を埋めておきます。

ココはポリパテにて埋めておきましょう。

6時間程度放置しモリモリが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

中指と薬指は奥まっていてペンサンダーだと磨きにくいため手動にてヤスリがけをしています。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

今回の改造部では特に平手の肉抜き穴埋めが重要ですね。

メインビジュアルとしてクスィーガンダムの降下シーンが発表されてからはやはりこのシーンが広く取り扱われています。

HGでの再現の際に子の肉抜き穴は結構目立ちます。

人差し指~小指はまだデザインとして見れますが親指に関してはかなりガッツリ穴が開いているため親指だけでも埋めておきたいところですね。

【2021/05/17】

脚部改造開始しました!!

HGUC Ξガンダム改造第5回目です! 前回の腕部改造に続き 脚部の改造をしていきます! 本体としては最後...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク